2003年12月03日

なるべくお金をかけずに新刊本をゲット!

刊行されたばかりの話題の小説はハードカバーなどで装丁も良く、1,000円以上するのが当たり前。文庫本になるには時間がかかり、図書館で借りようにも予約が殺到して、なかなかすぐには読めません。となると、新刊で購入するしか手はありません。

どうやったら新刊本を安く買えるかいろいろ調べてみたところ、「本を安く買いたい」というサイトを発見。

そこでは、チケットショップで図書券を購入し、それを利用して新刊本を購入する方法が。通常、チケットショップで売っている図書券は額面の約5%引き。つまり、約5%ほど安く購入できる。

そして、読み終わったらすぐに古本屋さんへGO! 発売から2〜3カ月以内、しかも話題の本となると5割以上の高値で買い取ってくれるとかで、定価が1,000円の本だった場合、約500円で読むことができるのだとか。なるほど、納得。自分も読み終わったら、よほどのことがない限り読み返さないし、数年経って邪魔になってから捨てている。読み終わったら、すぐに古本屋に売る。当たり前のことだが、自分にとっては盲点だった。

また、大学の生協などで購入すると、5〜10%引きで買えるとか。確かに自分の母校も1割引で売っていた。近所の大学に入れるかどうか不明だが、ちょっと行ってみるか。
ラベル:安く買う 裏ワザ
posted by BiB at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック