2003年12月23日

住宅金融公庫融資物件

現在、いい物件があったら引越しをしようと、賃貸物件を物色中。すると、「住宅金融公庫融資物件」という存在を知った。なんでも建物の建設の際に建て主が「住宅金融公庫」から融資を受けている物件のことで、法律で

「敷金は3ヶ月以内、礼金はなし、更新料は手数料として1/2ヶ月」

と定められているのだとか。家賃は普通の物件と変わらないけど、礼金がなく更新料が半額というのは非常に魅力的。また中には、更新料を取らない物件もあるとか。自分の条件に合致する住宅金融公庫融資物件があるといいな。

ところで、物件の最新情報を得るには、金曜日の午後が最適だとか。なんでも、家探しをする人の多くは仕事の関係上、土日に集中するのがほとんど。そこで多くの不動産業者は、新しい物件情報を金曜日に貼り出すのだとか。

また、引っ越しで部屋が空くのは、統計上、日曜の午後が多いとか。そこで、内見=実際に部屋を見るのならば、物件探しは日曜の午後が最適。部屋を見ることができる確率が高くなります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック