2005年07月09日

高機能カーテン

外からの熱や視線を遮ったり、音の漏れを防いだりといったカーテンは以前からありましたが、プライバシーの問題や防犯意識の高まりから、ここ最近、カーテンに新たな流れが。機能性のほかに、通常のカーテンと変わらないオシャレなデザインが増え、価格も安く。

遮熱カーテン
熱を遮る「遮熱カーテン」は、太陽光を反射させ、室内への熱の進入を遮る仕組。未加工のカーテンと比べると、実に4割ほどの熱を遮断し、室温が3度ほど低くなるという実験結果が出ています。

ミラーレースカーテン
視線を遮るカーテンとして人気なのが「ミラーレースカーテン」。光沢のある特殊な糸が窓側の面に編み込まれているため、鏡のような効果が生まれるとか。見た目は普通のレースカーテンですが、光のカット率は3〜5割も高いそうです。

防音カーテン
音を遮る「防音カーテン」は、裏地に音を通さない樹脂コーティングが施されているというカーテン。今までの防音カーテンは通常の2倍近い重さでしたが、コーティング技術の向上により、通常のカーテンとほぼ同じ重さになったそうです。

そんな高機能カーテンの中で売れ行きを伸ばして来たのが、「UVカットミラーレースカーテン」。紫外線が肌を傷めてしまうことは周知のことですが、家具の色褪せなどの原因にも。そこで、UV(紫外線)をカットする機能の付いたカーテンが登場! 太陽の光を反射させることで、強い日射しや紫外線、赤外線をカットしてくれるんです。外から家の中を見られにくくするミラー機能にプラスして、現代のレースカーテンの常識になってきつつあるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック