2009年03月05日

レンタルサーバ「VPS stock」

今や小学生でも簡単に、無料でホームページやブログを作ることができる世の中。しかし、インターネット中級者以上になると、無料ではさまざまな制限が。それは、

・自分で作った曲や映像を公開しようとしたら、容量が少ない
・アフィリエイトやショッピングサイト運営でお小遣い稼ぎをしたいけど、利用しているプロバイダは商用不可
Movable Type(ムーバブルタイプ)というブログ構築ソフトを使って、自分なりのブログをやりたいけど、利用しているプロバイダでは使えない
XOOPS(ズープス)というコミュティサイト構築ソフトを使って、自分なりのポータルサイトをやりたいけど、利用しているプロバイダでは使えない
など。

そんな時にお世話になるのが、有料レンタルサーバ。「VPSstock」は、サーバ仮想化技術を応用したVPSレンタルサービスを展開。

VPSとはヴァーチャル・プライベート・サーバの略で、仮想の機械内において個々のユーザーに管理者権限 (root) を付与し、共用サーバにおいて専用サーバのような環境を実装するもの。つまり、物理的にはみんなで共用しているサーバなのに、専用サーバと同じ感覚で利用できるという優れモノ。専用サーバと同等な高機能サービスを、共有サーバ並の価格で利用可能。

PHP、Perl、RubyOnRails などの開発環境も事前にインストールされているため、自ら基本的なサーバ構築作業をすることなく、すぐに専用サーバが利用可能です。つまり、Movable TypeやXOOPSをサーバにアップロードするだけでOK。その上、ほとんどのレンタルサーバが工事費などの初期費用ありのところ、ここは初期費用0円=無料。ちなみに、最安の月額利用料金はディスク容量10GBの3,500円ですが、12ヶ月契約にすると1カ月1,980円に。
posted by BiB at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック