2009年05月07日

自動車バッテリーの価格が、新品の約1/4!?

いきなり前触れもなくやって来て困るもの。それは、車のバッテリー切れ!

昨年末、朝、エンジンをかけようとキーを廻したら、弱々しいエンジンの音が。前日の走行中や、出先での帰りじゃなくて本当に良かったと思うけど、はっきり言って困りもの。その日は車での移動をあきらめ、なんとか時間を見つけて自転車でカーショップへ。バッテリーって重い。自転車のカゴに入れるのは、ちょっとつらかった。前もって分かっていれば、バッテリーが切れる前に車で買っておいたのに。

そして、思ったこと。バッテリーって、思ったより値段が高い。

そこで見つけたのが格安バッテリーのお店「益城電池」。どうしてそんなに安いのかというと、使用済みバッテリーを再生しているから。なんでも、使用済みのバッテリーをJIS規格(CCA)に基づいた性能試験によって選別し、状態の良いもののみを独自の強化液と特殊パルス充電によって極板を再活性化させているのだとか。ようするに、中古バッテリーのリサイクル。

新品と比べるとちょっと心配ですが、新品の1/4の価格で1年間の返金保証付きというのは、心惹かれます。しかも、代引き手数料は無料だし、送料は全国一律たったの500円。バッテリーがダメになる前に知っていれば再生バッテリーを購入したのに……。

この「益城電池」さんは熊本県にあるのですが、店頭でも販売しているそうです。ですので、店頭で購入すれば送料500円はかからない。また、国産車だけでなく、輸入車のバッテリーもあるので、国産車じゃない方もぜひ! ちなみに、適合バッテリー検索システムでわが家の車を調べ、商品検索をかけたところ、間違いなくありました。在庫1だったけど。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック