2012年09月25日

気付かれずに年齢を知る裏ワザ計算法

インターネットやサークル、友達の紹介、仕事の取引先など、そんな関係で知り合った人で年齢不詳の人がよくいる。そんな相手の年齢を知りたいけど、なかなか聞くチャンスが無い。ましてやそれが女性だった場合、ストレートに年齢を聞くことは不可能に近い。まさか、そんなときに利用できる年齢を知る計算方法があったとは! これを考えた人って、いったい何者? やはり数学者なんだろうか?

方法は、まず、知りたい人の生まれ月に「2」を掛けてもらい、それに「5」を足してもらう。さらに、その数に「50」を掛けて、最後に相手の年齢を足してもらった数字から「250」を引いてもらう。すると、相手の生まれ月と年齢が分かってしまう。

例えば、相手が6月生まれの30歳と仮定すると、

生まれ月の「6」に「2」を掛けると「12」。それに「5」を足すと「17」。その「17」に「50」を掛けると「850」。それに年齢の「30」を足すと「880」。この「880」から「250」を引くと、「630」。下2桁が年齢で、その下2桁にある前の1桁か2桁が生まれ月なので、下2桁の30が年齢で、6が生まれ月となる。630=6月生まれの30歳ということに。

イマイチ分からないようならば、もう1つ例えを。今度は、相手が12月生まれの27歳と仮定する。すると、

生まれ月の「12」に「2」を掛けると「24」。それに「5」を足すと「29」。その「29」に「50」を掛けると「1450」。それに年齢の「27」を足すと「1477」。この「1477」から「250」を引くと、「1227」。下二桁の27が年齢で、その27の前にある12が生まれ月というわけ。

これで、相手に気付かれずに、その人の年齢を知ることができる!

問題は、どうやって年齢を知りたい相手に計算させるか。それが一番むずかしい。「生まれ月を当てるマジック」として披露するか、「ラッキーナンバーを教えてあげる」と言って聞き出すか・・・。なんか良い方法、ありませんかね?
ラベル:裏ワザ
posted by BiB at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約・裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック