2012年09月25日

冷え性の対策

手や足の先などが温まらず、冷えた状態になっている「冷え性」。冷え性は、毛細血管まで血液が行き渡らないために起こる「血行不良」と言われ、病気ではありません。そのため、病院に行っても薬が処方されることはありません。

冷え性の原因としては、窮屈な衣服による血管の圧迫、偏った食生活、エアコンなどの冷暖房機器による神経機能障害、運動不足による筋力の低下、などが挙げられます。

そんな冷え性を改善する方法として、「首を温める」というものがあります。人間の身体は気温が低くなると脳や内臓を守るために、頭や胴体の温度を保とうと血液を脳や内臓に集中させます。脳や内臓に血液が多量に流れるため、その分、手足への血液量が減少。このことが、手足が冷える原因となります。そこで、温度変化に敏感な部位である「首」の出番。首を温めると、脳が「頭や胴体が十分に温まっている」と勘違いするため、脳や内臓への血液量が減り、手足に十分な血液が送られるというわけなんです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック