2015年02月22日

Office、Adobeなど正規版パソコンソフトが激安!

Windows7、8といったパソコンのOS、ビジネスで利用するWord(ワード)やExcel(エクセル)といったMicrosoft(マイクロソフト)のOfficeシリーズ、Photoshop(フォトショップ)にIllustrater(イラストレーター)といった映像・画像関係で有名なAdobeシリーズなど、市販のパソコンソフトは高いのが当たり前。

そんなパソコンのソフトウエアを激安価格で販売しているショップが、

150222-1.jpg
ジャパンオンラインソフト」と、

150222-2.jpg
ディーエルソフト」。

激安の理由は、ボリュームライセンス規約に基づいて、関連会社により譲渡、または合併・整理統合・分社化により譲渡を受けたもので、シリアルナンバーなどが記入されている使用許諾契約書のみだから。商品であるソフトウェアは、Webサイトからダウンロードする形になります。

ボリュームライセンスとは、主に企業や団体といった複数台のパソコンを保有する組織を対象にしたもので、あるソフトウェア製品について、複数台数のパーソナルコンピュータでの使用権(ソフトウェアライセンス)を付与する販売形態のこと。

ちなみに2015年2月下旬現在、「Microsoft Office Professional 2013 ダウンロードWindows版」がアマゾンでは39,040円のところ、「ジャパンオンラインソフト」と「ディーエルソフト」はともに16,800円。

ネットで検索すると、限りなく胡散臭い書かれ方をされている2店舗ですが、自分が知る限り、ディーエルソフトは1年近くサイト運営を続けています。マイクロソフトやアドビから訴えられたという記事も検索されませんので、違法性はないのかも? ですが、ご利用の際は自己責任でご購入ください。


posted by BiB at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック