2015年04月01日

タブレットPCの空き容量を増やす



小さくて軽く、持ち運びに便利なタブレットPC。Windows8搭載のタブレットもあり、非常に重宝。しかし、問題なのが容量。Windows8のシステム容量が4GB程度で済むといっても、元の容量が16GBや32GBというのは少ない。データなどの保存には、microSDなどの外部メモリを使うという手もあるが、本体の容量にある程度の余裕がないと処理しきれないことも。

そこで、不要ファイルやアプリの整理を。

コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を選択して「プログラムの変更と削除」機能で要らないソフト、アプリのアンインストールを実行。

さらに、設定から「PC設定の変更」を開いて「検索とアプリ」を選択。続いて「アプリのサイズ」を選ぶと、「プログラムの追加と削除」では現れなかったアプリが一覧表示されるので、その中から不要のアプリを選択してアンインストール。

以上、2つの操作だけでも、かなりの容量を得られます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック