2015年05月03日

麻婆豆腐で豆腐を崩れにくくする裏ワザ

マーボー豆腐や豆腐チャンプルーといった豆腐炒め料理を作るとき、ある処理をすると豆腐が崩れにくくなるのだとか。

その裏ワザとは、豆腐を塩水に浸けるだけ。

浸透圧の関係で豆腐の水分が塩水に移るため、塩味が付くことなく豆腐が引き締まります。15分以上浸けると、豆腐の水分が必要以上に抜けて固くなりすぎてしまうため、くれぐれも時間には要注意!

豆腐の種類にかかわらず、どんな豆腐にも使える裏ワザなので、豆腐炒め料理の際には、ぜひ、お試しを。

また、豆腐を選ぶ際に見てほしいのが凝固剤の欄。粗製塩化マグネシウム、粗製海水塩化マグネシウム、塩化マグネシウム含有物と表示されていれば「天然のにがり」なので、硫酸カルシウムやグルコノデルタラクトンなどの凝固剤より、おいしい豆腐を味わえます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック