2015年05月09日

Windows8 起動時のパスワード入力の省略

Windowsの電源を入れると、起動時にパスワードの入力を求められるが、これが非常に面倒。確かに仕事場などのPCの場合、セキュリティのために必要だとは思うが、自宅で自分しか使わないのに毎回パスワードを入力するのは、はっきり言って面倒。調べてみたら、それを回避する方法が。

それは、スタートメニューにある「ファイル名を指定して実行」機能を使うことで設定が可能。スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、ファイル名入力画面が現われる。その入力画面で「netplwiz」を入力して「OK」ボタンを押す。

ユーザーアカウント画面が現われるので、その画面で「Administraters」とあるアカウントを選択し、上にある「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外し、「OK」ボタンを押す。

すると、自動サインインのためのパスワードを求められるので、そこにパスワードを入力し、「OK」ボタンを押せば終了。次の起動からは自動サインイン機能により、パスワード入力なしでPCが起動する。

ほかに、起動時に立ち上がるソフトを停止することも。同様に、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックしてファイル名入力画面を呼び出し、その入力画面で「msconfig」を入力して「OK」ボタンを押す。

すると「システム構成」が現われるので、そこで「サービス」タブをクリック。不要なサービスのチェックを外したら、「サービス」タブの隣の「スタートアップ」タブをクリック。「タスクマネージャーを開く」を選択し、不要なスタートアップを右クリックメニューから無効化して、終了。スタートアップを無効化したソフトが立ち上がらないので、起動が速くなる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック