2016年11月28日

Windows10無償アップグレード その後

今年、2016年7月29日で終了したWindows7、8からのWindows10の無償アップグレード。マイクロソフトでは、「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレード」というページで、障碍者向けには無償アップグレードが継続されているのだが、このページ、障害者であることを確認する方法がない。そのため、誰でも利用できてしまうのだとか。

Windows7、8を利用中で10にアップグレードしていない方は、試してみる価値あり!

ちなみに、ISOイメージでのWindows10のダウンロードは、マイクロソフトの「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」ページで、今でも可能。無償期間内に一度でも10の認証作業を行っていれば、ダウングレードしていても、いつでもアップグレードOK。なので、そういう方はこちらのページを。

また、ウィンドウズ7以降のプロダクトキーがあれば、アップグレードではなくクリーンインストールが可能。その場合は、「ツールを今すぐダウンロード」から「MediaCreationTool」をダウンロードして、USBメモリやDVD-Rでインストールメディアを作成すればOK。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック