2016年07月17日

今までの蛍光灯シーリングライトがLEDになるLED丸型蛍光灯

天井に取り付けるタイプの照明器具、シーリングライト。2011年の東日本大震災による福島原発事故以降、電力使用量を減らすために照明器具の蛍光灯をLEDに交換する家庭が増えましたが、わが家もそのひとつ。蛍光灯タイプのシーリングライトをLEDシーリングライトに丸ごと買い替え、初期費用はかかりましたが、電気代はずいぶん節約できました。

ところが、シーリングライトの器具はそのままに、蛍光灯のみをLEDに変えるタイプが登場。それが、アイリスオーヤマの「丸型LEDランプセット」。



しかも、この「丸型LEDランプセット」、シーリングライトだけでなく、昔ながらの和室にある和風傘のひもを引っ張って点けるタイプのペンダントライトにも取り付け可能。

なんでも、丸型蛍光灯の照明器具に内蔵されている安定器は、蛍光灯用に電圧を調整するためのもの。そのため、照明器具はそのままでLED化することは難しかったのだとか。それをアイリスは、安定器に通さないでLEDを接続できるよう工夫したため、丸型蛍光灯の照明器具そのままでLED化が実現! これから照明のLED化を考える場合、このアイリスの「LEDランプセット」にするか、シーリングを丸ごとLEDタイプに交換するか、選択肢が広がったわけです。
posted by BiB at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック