2016年12月20日

タクシー初乗り、410円に引き下げ

2017年の1月下旬、つまり来月から、現行730円のタクシー初乗り運賃が410円に! 今のところ東京23区と武蔵野市、三鷹市を営業地域とするタクシーが対象らしいが、これにより初乗り料金410円のタクシーが現われることに。

現行のタクシー初乗り料金は、「2キロまで730円」。それが、「1.052キロまで410円」に引き下げることを認める公示が、国土交通省から今週中に出されるのだとか。自分のように、ほんの少しの距離だけタクシーに乗る「ちょい乗り」派には、タクシー代が安く済む計算だ。

しかし、走行距離に応じた加算額も、現在の「280メートルごとに90円」から「237メートルごとに80円」に改正されるため、4キロまでなら値下げ、4キロ以上なら値上げになるとか。と、わが家の新聞に書いてあったが、6.5kmというニュース番組もあった。どちらが正しいのだろう?

実際のところ、時速10km以下になると、走行時間を距離に置き換えて換算する「時間距離併用制運賃」が適用されるので、単純に初乗り+距離ごとの金額でタクシー代は計算できないが、自分の場合、終電を逃した場合は今より高いタクシー代になることは分かった。

おおよそのタクシー料金を知りたいなら、「タクシー料金を調べる タクシーサイト」か「NAVITIME〜タクシー料金検索」が便利。タクシーの料金検索はスマホアプリもあるので、頻繁にタクシーを利用する人はアプリを入れておいてもいいかも。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック