2016年12月23日

郵便料金改定 はがきは52円から62円に値上げ

日本郵便は2016年12月22日、はがきと定形外郵便物、ゆうメールの料金を2017年6月1日から引き上げると発表。郵便事業の黒字維持が狙いで、消費税導入・増税時を除く本格的な郵便料金の値上げは1994年1月以来、約23年ぶり。料金改定の詳細は、こちら

特に赤字幅が大きい通常はがきは、現行の52円から10円値上げして62円。したがって往復はがきは124円に。しかし、年賀はがきは12月15日から翌年1月7日の間に「年賀」と明記して差し出した場合に限り、52円のまま据え置き。この期間以外で年賀はがきを出す場合は、差額の10円がかかる。

そして、封書のうち定形郵便物は現状の82と92円を維持するが、定形外郵便物は新たに規格を定め、規格内のものは20〜30円値下げし、規格外のものは80〜150円値上げになる。

ゆうメールも同様で、規格内のものは現状維持で、規格外のものは超える場合に85〜100円の値上げになる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック