2017年01月19日

ケータイやスマホに搭載の電子マネーに注意

今日の夕刊に、「スマートフォンをなくして電子マネー約290万円を不正利用された千葉県の男性が、サービスを提供する「楽天Edy(エディ)」などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は18日、訴えを棄却した一審東京地裁判決を変更し、同社に約224万円の賠償を命じた」という新聞記事が。

なんでも、「小野洋一裁判長は「当時のホームページなどで紛失時に会員が取るべき対応を周知していなかったことに注意義務違反がある」と判断した」らしい。

「判決によると、男性は2012年11月、スマホを紛失。携帯電話会社に連絡して通信サービスを停止したが、楽天Edyには連絡せず、13年1月までの約2カ月間に不正使用された」のだとか。

つまり、ケータイやスマホを解約しても、楽天Edyといった電子マネーは使えるということ。どうして被害額が290万まで膨らんだのか書いていなかったので検索したら、「何者かに電子マネーの利用額の設定を変更され」という記事が。

パスワードがスマホのメモ機能などに記載されていたか、パスワード入力しなくても電子マネーの設定ページにいけるようになっていて、クレジットチャージされたのだろう。

それにしても、290万も使われる前に、クレジットカード会社から確認の連絡が来ると思うのだが。

ところで、記事に「「楽天Edy(エディ)」などに損害賠償を求めた訴訟」というように「など」とあるが、楽天Edyのほかに、どういった会社に訴訟をしたのだろう?

自分もスマホで電子マネーの「楽天Edy」と「nanaco」を使っているから、気を付けねば。ということで、備忘録。
posted by BiB at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック