2013年07月14日

大安だけでなく、一粒万倍日の日にも宝くじを購入

宝くじ売り場でよく見かける「一粒万倍日」。なんのことかと思って調べてみた。

「一粒万倍日」とは、「いちりゅうまんばいび」「いちりゅうまんばいにち」と読む選日の1つ。短く「万倍(まんばい)」とも。

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味。そこから一粒万倍日は、あらゆる事を始めるのに良い日とされ、仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉とされているとか。しかし、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶となる。

一粒万倍日は数が多いことから他の暦注と重なることがあり、その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するとか。

一粒万倍日の日取りは節切りで、次の通り。
正月:丑・午の日
二月:酉・寅の日
三月:子・卯の日
四月:卯・辰の日
五月:巳・午の日
六月:酉・午の日
七月:子・未の日
八月:卯・申の日
九月:酉・午の日
十月:酉・戌の日
十一月:亥・子の日
十二月:卯・子の日

ちなみに、今年2013年は、
1月10(木)、13(日)、22(火)、25(金)
2月3(日)、4(月)※、9(土)、16(土)、21(木)、28(木)
3月8(金)、13(水)※、20(水)、25(月)※
4月1(月)、7(日)、16(火)、19(金)、28(日)
5月1(水)、13(月)、14(火)、24(金)※、26(日)
6月8(土)、9(日)※、20(木)、21(金)※
7月2(火)、3(水)※、15(月)、18(木)、27(土)※、30(火)
8月9(金)、14(水)、21(水)、26(月)
9月2(月)、10(火)、15(日)、22(日)、27(金)
10月4(金)、10(木)、19(土)※、22(火)、31(木)※
11月3(日)、15(金)、16(土)※、27(水)、28(木)※
12月11(水)、12(木)、23(月)、24(火)※
※は大安など、他の吉日と重なる効果倍増の日。大安で寅の日の一粒万倍日が最高。

半年以上過ぎたが、ちょうど明日が一粒万倍日。宝くじ、買ってみようかな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック