2017年01月28日

キテレツ人生!消えた芸能人一斉捜査SP 2017年01月27日備忘録 あの人は今

キテレツ人生!消えた芸能人一斉捜査SP 2017年01月27日オンエア



おニャン子の歌姫・内海和子(うつみ・かずこ)、49歳。
伝説のアイドルグループ“おニャン子クラブ”会員番号13番、完全引退から約3年前に芸能界復帰。昨年6月にはライブもしたが、その直後に事務所を辞めて現在はフリー。

会員番号15番、元祖おバカアイドル・立見里歌(たつみ・りか)、51歳。
おニャン子クラブ卒業後、22歳でポニーキャニオンに入社し営業・宣伝担当。32歳で広告代理店に転職し、現在は化粧品のプロデュース。

会員番号33番、シブがき隊ふっくんの妹・布川智子(ふかわ・ともこ)、48歳。
結婚し、3人の子どもを育てる主婦兼、キャラ食の料理教室の先生。光GENJIの諸星、大沢以外の誰かが、彼女に二股をかけようとして、兄のふっくんがボコボコにしたらしい。

会員番号51番、後期の人気メンバー・宮野久美子(みやの・くみこ)、45歳。
おニャン子クラブ卒業後、地元愛知のローカルアイドルに。11年前に司会のオファーを受けたのがきっかけで、結婚式場の人気司会者に。しかし、いまだ独身。

デビューから1年で脱退したアイドルグループ「少女隊」のチーコ、47歳。
椎間板ヘルニアのために芸能界を引退し、現在は夫婦で理容室を経営。

CD16作連続オリコントップ10入りの紅白歌手・愛内里菜(あいうち・りな)、36歳。
甲状腺の病気で2010年に引退後、ドッグヨガのインストラクターに。また、ドッグブランドを立ち上げる傍ら、2015年から「垣内りか」として、ひっそりと歌手活動を再開したらしい。

90年代に人気リポーターとして活躍した乱一世(らん・いっせい)、66歳。
1997年8月26日、テレビ朝日の深夜番組「トゥナイト2」における「トイレはCMのうちに」失言により、テレビから一時期、消えることに。Wikiによると、「トゥナイト2」には2年半後に復帰。

「R-1ぐらんぷり」初代優勝・だいたひかる、41歳。
2016年1月、乳がん発覚。右乳房全摘出するも、リンパ節転移。抗がん剤治療を続けている。

アイドルグループ「セイントフォー」のリーダー・岩間沙織(いわま・さおり)、52歳。
約40億円のプロモーション費用をかけたアイドルグループだったが2年2カ月で解散。女優や歌手として活動しながら、ヘルパーとして訪問介護士に。

2008年、「六本木-GIROPPON」でブレイクしたムード歌謡歌手・鼠先輩(ねずみせんぱい)、43歳。
パンチパーマにサングラス姿で一世を風靡し、月収は約1,200万円。15分のギャラは120万円。現在は地方での営業がメインだとか。

オネエタレントの先駆け、漫画家・山咲トオル(やまざき・とおる)、47歳。
現在はナレーション、ローカル番組を中心に、個展なども開催。

ドラフト1位でオリックスに入団した元プロ野球選手・パンチ佐藤(ぱんち・さとう)、52歳。
現在の仕事は講演会がメイン。月額10万円の人生相談有料SNS会員サイトは、今まで6〜7人いたらしい。

ゲストは、伝説のラーメン店「なんでんかんでん」の社長・川原ひろし、元カリスマホストの城咲仁、ハイテンションな国際弁護士・湯浅卓の3人。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック