2017年02月18日

東京都に届けられた2016年の現金の落し物は1日約1,000万円

今朝の朝刊によると、東京都内で2016年に落し物として届けられた現金は、約36億7,000万円だったことが警視庁のまとめで分かったらしい。

1日に換算すると、毎日約1,000万円。7年連続の増加で、バブル景気の影響があった1990年に記録した約35億円を超えたとか。

ちなみに、持ち主に返還されたのは約27億円で、返金額についての記録が残る1999年以降最多。

ちなみに現金以外に、クレジットカードや運転免許証などの「証明書類」、IC乗車券などの「有価証券類」、「衣類」、「ペット」などもあり、3カ月経っても落とし主が現われず、拾った人も申し出なければ、現金はそのまま、物の場合は売却してお金に変え、東京都の歳入になるらしい。

東京都だけで1日約1,000万ということは、全国だと一体いくらになるのだろう?
posted by BiB at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック