2017年03月01日

サークルK・サンクスのPB商品、ほとんど廃止

2月28日(火)21:25配信の朝日新聞デジタルによると、サークルK・サンクスの独自商品が、ほとんど廃止になったらしい。

サークルKとサンクスが合併してできた「サークルK・サンクス」。それがファミリーマートに経営統合されたのが、昨年の9月。

サークルK、サンクス、サークルK・サンクスからファミリーマートへの看板の掛け替えが進む中、2017年2月末を持って、中食商品をはじめとするファミリーマートとサークルK・サンクスの商品の統合が完了したようだ。

サークルKやサンクス、サークルK・サンクスで扱ってきた商品のうち、今後も販売するのは「濃厚焼きチーズタルト」のみ。

昨年の12月5日でスイーツブランドの「Cherie Dolce(シェリエドルチェ)」がなくなったのはショックだったが、名前がなくなっただけでレシピは受け継いでいるようだ。

コンビニスイーツの中では、味もデザインもパッケージもシェリエドルチェが一番のお気に入りだっただけに、これはうれしい情報だ。といっても、パッケージがダサいファミマ仕様に変わったし、新商品の場合、どれがシェリエドルチェ系列なのか分からないのだが……。

ちなみにファミマへの看板掛け替えは、2月末時点で対象の1割超にあたる約830店で終了し、ファミマに改めた店では、売り上げが平均で2割ほど伸びているとか。名前を変えただけで2割も変わるとは!? マイナーな個人商店が廃れ、メジャーなチェーン店ばかりになるわけだ。

ファミマ公式さいとニュースリリース「ファミリーマート・サークルK・サンクスの商品統合が完了!〜ファミマの人気商品が、全国のサークルK・サンクスでも買える!〜」ページ。
posted by BiB at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック