2017年03月15日

東京の地下鉄全車両に防犯カメラ設置

昨日、2017年3月14日、昨今、発生している地下鉄車両内でのいたずらや迷惑行為等、犯罪行為の未然防止のほか、テロ対策等に向けたさらなるセキュリティ強化を図るため、東京都営地下鉄と東京メトロの全車両に録画機能付き防犯カメラを設置すると発表があった。

都営地下鉄は今年8月から新宿線で運用を始め、来春には浅草線、以後、三田線、大江戸線に展開し、全車両で運用が始まるまで10年程度の予定。

また、東京メトロは日比谷線と丸ノ内線で来年度、銀座線は2019年度に設置を始め、22年度をめどに設置完了予定。しかし、その他の線は未定だとか。

カメラが設置された車両では、防犯カメラが作動していることを示すステッカーを掲示。録画の保存期間は1週間程度で、順次古い映像に上書きされるようだ。

ちなみに列車内の常時録画は、2009年、JR埼京線の先頭車両で痴漢対策を目的に設置されたのが初めて。その後、2011年に京王電鉄が一部車両で実施。ほかに東急電鉄が全車両を対象に常時録画を始めると、去年、発表している。

posted by BiB at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447999736

この記事へのトラックバック