2017年04月11日

一部のポテトチップス、販売終了や休止

昨年の夏に北海道を襲った台風の影響により、カルビーと湖池屋が一部のポテトチップスの販売終了や休止を決めたことが、昨日、2017年4月10日に判明した。

ちなみにカルビーは、公式サイトのプレスリリースにおいて「馬鈴薯不足に伴う「ポテトチップス商品」の影響による商品の休売及び終売に関して」という記事を発表。

「フレンチサラダ(60g)」「堅あげポテト 北海道バターしょうゆ味(65g)」など18種類の販売を終了し、「ポテトチップスBIGBAG うすしお味(170g)」「ピザポテト(63g)」など15種類の販売を休止するようだ。

原料である国産ジャガイモ(馬鈴薯)が昨夏の台風の影響により不作で、アメリカ産ジャガイモの輸入量を増やしたが品質が不十分なものが多く、例年と同程度の量を確保するのが難しいため、売れ筋や定番商品に絞るためらしい。

湖池屋は国産ジャガイモ100%というこだわりのため販売終了や休止に踏み切り、「リッチコンソメ(Mサイズ)」など7種類の販売を終了し、「ガーリック(55g)」など9種類の販売を休止するらしい。

ちなみに「わさビーフ」で有名な山芳製菓は、特売商品の生産をなくすことで「わさビーフ」などといった定番商品の欠品は避けられたそうだ。
posted by BiB at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック