2018年06月14日

はなまるうどん かけ(中)

讃岐うどんのチェーン店「はなまるうどん」。2001年に香川県高松市で設立され、2004年に吉野家ディー・アンド・シー(現・吉野家ホールディングス)と資本・業務提携。その後、2006年5月に子会社、2012年12月には完全子会社になっています。

hana1.jpeg
食したのは532kcalの「かけ(中)」230円。はなまるうどんでは、うどん1玉が小、2玉が中、3玉が大なので、この「かけ(中)」は273kcalの「かけ(小)」130円の倍のうどんが入っている。この基本となる「かけうどん」に、80円の生たまごや半熟たまご、そして100〜140円の天ぷらやコロッケ、唐揚げなどをトッピングすれば自分オリジナルのうどんを作ることができる。

トレーを持ってカウンターに並び「かけ(中)」を注文すると、うどん2玉を湯がいて丼に入れ、だしをかけてくれます。そして、「ネギをお入れしてもいいですか?」と聞かれ、「お願いします」と答えると、刻み青ネギを入れてもらえ、上記の画像のような「かけ(中)」が完成!

その後、レジで料金を払い、おはし、紙ナプキン、天かす、白ごま、しょうが、ソース、しょうゆが載っている台へ。ここで、天かすや白ごま、しょうがを好きなだけトッピングして、いざ席へ。ちなみに天かすには、普通の天かすと天ぷらを作った際に生じた天かすの2種類があり、普通の天かすよりも、天ぷらを作った際に生じた天かすのほうがオススメ。こちらのほうが野菜などの具材が入っているから、栄養価が高いのだ。しかし、こちらの天ぷらを作った際に生じた天かすは人気が高く、タイミングが合わないと無いときが多い。残念ながら今回は品切れだった・・・。

というわけで、普通の天かすに白ごま、しょうがをトッピング!
hana2.jpeg

suki3.jpegさて、以前、「すき家」の牛丼で紹介した、はなまるうどんと吉野家の「コラボ定期券」300円だが、この期間中は1人で食べるのに「かけ(小)」を2つ注文。うどん1杯につき天ぷらが1品無料で付いてくるので、麺は同量ながらも30円余計に払うと天ぷらが2品付いてくるため非常にお得でした。しかも、「天ぷら1品無料」ながら、「北海道男爵のコロッケ」「鶏の唐揚げ」もOKだったので、自分の場合は天ぷら1品とコロッケか唐揚げにしていました。

はなまるうどんさん、吉野家さん、秋にも、このコラボ定期券が発売されるのを楽しみにしています!!
posted by BiB at 19:54| Comment(0) | ワンコインめし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。