2018年12月26日

メールが読まれたかどうか既読が分かるGoogle Chromeの拡張機能「Mixmax」

メールソフトのGmailで、指定時間にメールを送ったり、パスワードを入力しないと読めないメールを送ったり、メールが読まれたかどうか既読済み確認ができるGoogle Chromeの拡張機能「Mixmax」。

メールソフトによっては開封通知が要求できる機能はあるが、それを実行してくれる人は・・・。どうしても大切な内容で、読んでくれたかどうか知りたいことは仕事上、よくある。メールの既読を知れるのはとても便利とは思うが、残念ながら自分はGメールではないので、今のところ使う予定がない。そこで備忘録!

インストール方法は、Google Chromeの拡張機能から「他の拡張機能を見る」をクリックして「Chromeウェブストア」へ。検索機能で「Mixmax」を検索し、「Mixmax:Email Tracking, Scheduling & Surveys」をChromeに追加。

続いて、Gmailを起動。Gメールのアカウント選択画面でMixmaxを使用するアカウントを選択し、「Start Mixmax」をクリック。
※アカウントが複数あり、そのアカウントではMixmaxを使いたくない場合は「Disable Mixmax for this address」をクリック。

Gメールのメニュー部分に「Mixmax」があれば、無事、インストール成功。

残念なのは、Mixmaxは日本語化されてないので、使用するには英語表記で使わなければならないこと。ま、使う項目は同じなので、慣れればなんとかなるのでしょうが・・・。
posted by BiB at 23:21| Comment(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。