2018年12月30日

東芝テレビREGZA(レグザ) リモコン接触不良修理

わが家のテレビは東芝のREGZA(レグザ)。もう5年以上、使用してる。

2年ぐらい前からリモコンのdボタンの接触が悪くなり、強く押さないと反応しないようになった。そして先月から電源ボタンの調子も悪い。4K放送も始まったし、そろそろテレビを買い換えかなあと思い始めた今日このごろ。

そんな2018年の年末、12月30日、本格的に電源ボタンの調子が悪くなった。強めに押しても反応しない。こんな暮れも押しに押し迫った時期にテレビを買うのも面倒くさい。どうしようと悩んでいたところ、幸いにもブルーレイレコーダーも同じREGZA(レグザ)なので、ブルーレイレコーダーのリモコンがテレビのリモコン代わりになった。とりあえず急場はしのげそうだ。

ちなみにリモコンの型番は「CT-90389」。何気に検索してみたら、東芝で税込1,728円+梱包・作業費用540円の計2,268円で販売してる。もっと安いのはと探したら、アマゾンでは送料無料の1,798円。中古で良ければ、メルカリやラクマで送料込み1,000〜1,500円で売っている。

さらに調子に乗って「東芝リモコン 接触不良 修理」と検索したら、出るわ出るわ。東芝に限らずテレビのリモコンは接触不良故障が多いらしい。そして多くの方が自分で分解・修理してる。ブログ記事もyoutube動画もたくさんあった。

そこで、検索結果ページを何カ所か見て、同じリモコンを修理してる人のを参考に、自分も分解してみた。

CT-90389 は両側に5カ所のツメ、そして上下に1カ所ずつはめるところがあり、これがなかなか外しづらい。ひとつ間違えればツメはもちろん、本体も割れてしまう。ちょっと傷は付いたが、時間をかけて、なんとかかんとか外すことに成功した。

いろいろなサイトによると、テレビのリモコンの接触不良、一番の原因は汚れらしい。しかし、自分のリモコンには、それらしき汚れは見当たらない。念のためにあらゆるところを拭いて元に戻してみたところ、電源ボタンもdボタンも正常に反応するようになった。目に見えない汚れだったのか、単なる接触不良だったのか?

とにかく直ったので良しとしよう!

それにしても、ただ単に分解して拭いただけなのに、リモコンの接触不良が直ってしまうとは驚きだ。知らずにテレビごと買い直してる人って、結構いるんだろうなあ。

追記(2019/5/3)
軽く自分の指や乾いたタオルで拭くだけではダメらしく、2〜3週間ほどで元の接触不良状態に。そこで、濡れふきんで拭いてみたところ、あら不思議?! 2カ月たった今でも快適に使えてます。自分と同じように、すぐに接触不良になった方は、ウェットティッシュや濡らしたタオルなどで拭いてみてはいかがでしょう。
posted by BiB at 23:12| Comment(0) | 家電製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。