2019年01月01日

Panasonic(パナソニック) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA99

パナソニック ヘアードライヤー(ピンクゴールド)Panasonic ナノケア EH-NA99 の限定モデル EH-CNA99-PN

新品価格
¥13,980から
(2019/1/1 21:58時点)



長年使っていたマイナスイオンドライヤーの調子が悪くなり、型落ちで安くなっていたPanasonic(パナソニック)のヘアードライヤー「ナノケア EH-NA99」を昨秋、購入してみた。

ドライヤーに1万円以上もかけるのはどうかと思うが、世間での評判が高かったのでナノケアは以前から気になっていた商品。しかし、家電量販店のドライヤー売り場を見ると、一般的なマイナスイオンドライヤーは5,000円前後。パナソニックならナノケアの下位に位置する「イオニティ」シリーズがある。こちらで十分のような気もするが、ものすごく良かったらと思うと気になってしまい、ナノケアを買ってしまった。

さすが値段が高いだけあり、風量は強い風の「TURBO」、やや強い風の「DRY」、弱い風の「SET」と3段階あり、さらに毛先の仕上げに適した温風・冷風を交互に発生する「毛先集中ケアモード」、温風・冷風を交互に発生する「温冷リズムモード」、暑い時期でも温風の暑さを低減する「インテリジェント温風モード」、肌の潤いをキープする「スキンモード」、地肌にやさしい「スカルプモード」のほかに、通常の「温風モード」、そして「冷風モード」と、7種類のモード機能を搭載。これだけの機能を組み込むとなると、高額になるのもわかる気がする。

はっきりいって使用し始めたときは、今までのクレイツイオン、コイズミといったマイナスイオンドライヤーとの違いを感じなかった。ああ、失敗したかな・・・。

ところが、数日使い続けてみると、たまにできる寝ぐせが今までと明らかに違う。夜遅くに帰ってきてお風呂に入ると、寝るまでの時間が短いからか、翌日の寝ぐせがひどい自分。ところが、ナノケアを使い始めてからは、寝ぐせはできるんだけど今までと寝ぐせの程度、質が違う。寝ぐせのひどさが減り、直す手間があまりかからなくなった。これはナノケアのおかげなのだろうか? 余計、イオニティと比較してみたくなってしまった。
posted by BiB at 22:49| Comment(0) | 家電製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。