2008年08月15日

車検でマイル!

ANAのマイレージを貯めている人にオススメの車検が「ロータスクラブ ANAマイレージ車検」。ロータスオペレーションセンターから紹介を受けた工場や店舗で、自家用車の車検整備を完了(代金のお支払い完了)すると、1件につき1,000マイルがもらえます。

ところが、2008年8月1日〜2008年11月30日(お支払い完了分)までの期間だと、通常1,000マイルのところ、さらに1,000マイル、つまり2,000マイルももらえます! 今年のこの時期に車検を迎える人はラッキーですね。

申し込み方法は、ロータスオペレーションセンター(0120-190-960 9:00〜19:00/年中無休)に電話、またはメール(lotas-opc@lotas.co.jp)にて、「ANAマイレージ車検」の利用を伝えるだけ。すると、ロータスオペレーションセンターが自宅近くの工場・店舗を紹介してくれ、そこから電話連絡が来て、見積もり。見積もり金額に納得がいけば、車検整備を申し込む、という段取りです。ただし、ロータスオペレーションセンターを介さない入庫、さらに事後報告はマイル積算対象外となるので、ご注意を。

各工場・店舗にて車検整備完了後(代金のお支払い完了後)、約1〜2ヵ月でマイルが積算されるそうです。ほかの割引・特典などとの併用はできないそうですので、損をするかしないか、よくお考えの上、ご利用ください。

詳しくは、「ロータスクラブ ANAマイレージ車検 ダブルマイルキャンペーン」のページまで!

2005年03月19日

羽田空港ターミナル パーキング

羽田空港の駐車場情報は、PC、そして携帯電話からもゲットできます。

http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/(PCアドレス)
http://www.ipos.co.jp/(携帯アドレス)
http://www.atpark.ne.jp/(携帯アドレス)
電話番号:03-5757-8191

駐車料金は、普通車の場合、
入場から8時間まで30分ごとに200円
    8時間以上24時間まで1時間ごとに150円
    24時間以上、1時間ごとに100円

そのほか、各種割引制度あり。詳しくはHPを。

2004年06月02日

車検

先日、あと半年弱で自動車保険の更新と書きましたが、今年、それと同時にあるのが車検。

車検とは、車が「道路運送車両法」に定められた「保安基準」に適合しているかどうかを「検査」すること。正式には「継続検査」と言い、定期的に検査を受けることが義務づけられています。取り締まりで無車検が判明すると減点6点。自動的に「無保険走行」6点もプラスされるので、合計12点の減点に。

車検を受ける際の選択肢は、1990年代の前半くらいまで、ディーラーまたは自動車整備工場に任せるというのがほとんどでした。しかし90年代後半、車検についての規制緩和が進んだおかげで選択肢が増えました。主な車検は以下の通り。

●ディーラー車検
自分の車を取り扱うディーラーのサービス部門に依頼する方法。自社ブランドの車に詳しいため、次回の車検までに不具合の出るパーツを予防的に交換してくれます。延長保証制度を用意しているディーラーも多く、価格は他の業者に比べて高めですが、初心者やボンネットを自分で開けることもしない車オンチには非常に安心です。

●車検専門業者
車検を専門とする業者に依頼する方法。ブランド力で売るディーラーに対し、低価格が武器。大手グループのフランチャイズ店が目立ちますが、自動車整備工場を母体としているところも多く、そのような業者なら腕も確か。コース別のメニューを採り入れるなど分かりやすさを打ち出しているため、自動車整備工場に直接持ち込むより安心感が大きいのが魅力。早期予約や平日受付に対する割引などの割引メニューが豊富で、ディーラーには一歩譲りますが、独自の保証制度を定めているところもあります。

●大手カーショップ
カー用品を販売しているカーショップに依頼する方法。マフラーやサスペンションなどのパーツは、たとえ「車検対応」とうたわれていても、実際の車検時には不安が……。こうした車検対応パーツを販売・取付するお店であれば、安心して車検を任せられるもの。また、車検で車を預けるついでにドレスアップもできるので、時間や工賃の節約といった点では非常に便利。カーショップ独自のメンバーシップ会員に加入していれば、車検料金が割引になったり、ポイント還元があるお店もあります。

●ガソリンスタンド
ガソリンスタンドに依頼する方法。馴染みのガソリンスタンドであれば相談も気軽にでき、予約もガソリンを入れるついでにできてしまいます。ただし、郊外にある大型店舗を除けば、人手や設備の問題から、実際は提携工場に車を回して車検整備を行ったり、単なる車検予約の受付窓口として機能するだけで、別の車検専門業者が車検整備を行う場合も多いとか。ちなみに価格は、比較的安めとなっています。

●ユーザー車検
ユーザー自ら点検を行い、車検を受ける方法。業者の手間賃がかからないため、平日の昼間に自由になる時間さえあれば、一番安く上がります。車のコンディションに問題がなければ、特に整備をする必要はありません。ただし、その場合は「車検を通しただけ」であり、次回の車検まで安心して乗れる保証はないので、ご注意を。自分でメンテナンスできる人には最適な方法です。

さて、車を買い換えるか、このまま乗り続けるか、早いうちに答えを出さないと。

2004年05月11日

自動車保険の等級プロテクト特約

あと半年以内で自動車保険の更新を迎えるため、保険会社の乗換えを検討中。そこで気になったのが、「等級プロテクト特約」。

自動車保険における「等級」とは、その加入者の割引率をあらわすランク。新規加入だと、通常は「6等級」からはじまり、1年間無事故だと数字が1つ増えて1等級上がり、保険料が安くなります。しかし事故を起こすと、翌年の等級は数字が3つ減って3等級下がり、保険料は高くなってしまいます。数字が上がるほど保険料が安くなり、下がるほど高くなるという仕組みです。

これに有効な特約が、「等級プロテクト特約」。1回だけなら、事故を起こしても翌年の等級が下がらないというもの。10等級から7等級に落ちれば割引率が大きく違うため、翌年の保険料に与える影響は大。そのため、この特約は非常に有効なもの。しかし、16等級から13等級に落ちても割引率はあまり変わらないため、16等級には意味がない特約。

「等級プロテクト特約」は現在の等級によって効果が大きく変わるので、3等級落ちたときの保険料の差を考えて検討することが必要だとか。さて、どうしよう?

2004年04月20日

交通違反

先日、スピード違反で捕まってしまった……。そこで、よくある交通違反について備忘録。

スピード違反の場合、一般道路では30kmオーバー、高速道路では40kmオーバーで免許停止。6ヶ月以上の懲役か、10万円以下の罰金。さらに前科1犯に。

故意に道路を駐車場代わりに利用すると「青空駐車」に。保管場所法違反に問われ、最高20万円以下の罰金。駐車禁止の道路標識がない場所で同じ場所に12時間以上駐車すると長時間駐車にあたり、違反点数3点。夜間に8時間以上駐車すると、違反点数2点。

居眠り運転の違反点数は13点。免許停止に加え、1年以下の懲役か、30万円以下の罰金。

運転中、携帯電話やテレビ、カーナビなどに2秒以上注視して事故を起こすと、違反点数2点、反則金9千円。