2005年01月13日

野菜の保存法

きゅうり
表面の水分を拭き取り、新聞紙に包んで、冷蔵庫の野菜室に立てて入れる。

しいたけ
胞子が落ちないよう傘のヒダを上に向けて、なるべく温度の低いチルドルームへ。

大根
葉と茎を切り分け、根の部分をラップに包んでポリ袋に入れて、切り口を上にして冷蔵庫の野菜室へ。

トマト
青い部分が残っているようなら、常温で保存。赤いものは通気性の良い冷蔵庫の棚に、ヘタを下にして並べる。

にんじん
水気や湿気に弱いので、新聞紙に包んで冷暗所へ。冷蔵庫に入れる場合は、ポリ袋に入れてから新聞紙で包み、根を下にして野菜室に立てて入れる。

ほうれん草
湿らせた新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に根を下にして立てて入れる。

レタス
買ってきたままのセロファン包みのまま保存。
posted by BiB at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

タマネギを生で

まだ7月で夏ですが、自分は冷え性らしく、指先、足先が冷たく、夏でも冷え性に悩みます。それが冬になると、もう大変です。

そこで、血液をサラサラにしてくれる! ということで、タマネギを生で食べていますが、その場合、タマネギの下半分を使ったほうがいいようです。

タマネギは下の部分ほど繊維が細かく柔らかいため、生でおいしく食べられるんだとか。ですから、下の部分は生で食べ、残った上半分は、火を通す料理に使うことに。

ちなみにタマネギの保存方法は、冷蔵庫に保存するよりも、常温で風通しのいいところに保存するほうが長持ちするんだとか。保存というと、なんでもかんでも冷蔵庫・冷凍庫に入れていましたが、違うんですね。
posted by BiB at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする