2012年10月18日

レコーディング・ダイエットとは?

オタクの王=オタキングの異名を誇る、オタク界の巨匠・岡田斗司夫。氏が著書「いつまでもデブと思うなよ」で紹介した、食べたものとそのカロリーを全て記録することにより、自分が摂取している食事内容、カロリー、間食などを自覚して、食生活の改善につなげるというダイエット方法。

記録するだけで痩せる! という画期的な美容法。

ちなみに氏は、このただ単にメモを取るだけというレコーディング・ダイエットにより、1年余りで体重を117kgから67kgへ、体脂肪率を42%から17%へ落とすことに成功したという。


テレビなどでよく見かける岡田斗司夫氏が見る見る痩せていくということで話題になり、2000年代後半にブームとなったダイエット法「レコーディング・ダイエット」。

その方法は、とにかく毎日、食べたものをなんでも全部メモし、そして毎日同じ時間に体重、体脂肪を測ってメモするだけ。

食べたもの全部とは、その言葉通り、口に入れたものすべて。ふと食べてしまったポテトチップス1枚でも、ふと飲んでしまったジュース1口でも、残らず全部書き出さなければならない。

口に入れたものをメモに取ることに慣れ、メモが苦痛でなくなったら次の段階へ。今度の段階は、「食べたもののカロリーをすべて調べて書き出す」という作業。カロリーを全部書き出している内に、自然と食べ物を見ただけで、カロリーの高い低いがわかってくるように。すると、カロリーの低い方を選ぶ習慣が付くようになるのだとか。

カロリーを全部書くことに慣れてストレスがなくなってきたら、さらに次の段階へ。ここで初めて、カロリー制限を実施。 ここでは、身長に合わせた1日の摂取カロリーを決め、その中で好きなものを食べるように。ただし、1日のカロリーを1,000kcal以下にするのはダメ。急激なダイエットは、より太ってしまうリバウンドの原因にもなり、身体を壊すことにもつながるから。

レコーディング・ダイエットは短期決戦ではなく長期的なダイエットと心得て、焦らずゆっくり取り組まなくてはいけないダイエット法。

岡田斗司夫(おかだ・としお)
1958年7月1日生まれ、大阪府出身。オタクの王である「オタキング」を名乗る作家、プロデューサー。現・大阪芸術大学芸術学部客員教授でもあり、元東京大学非常勤講師。

「新世紀エヴァンゲリオン」で有名なアニメ制作会社「ガイナックス」の設立メンバーであり、元代表取締役社長。1992年に退社するも、現在でも大株主の1人である。
ラベル:ダイエット
posted by BiB at 19:20| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

BOOCS(ブックス)ダイエット関連本

おいしいものをおなかいっぱい食べることでストレスを解消し、太る体質を改善するダイエット法「BOOCSダイエット」。その実践法を理解できるハウツー本。

BOOCS―至福のダイエット革命

中古価格
¥1から
(2017/9/27 19:13時点)



BOOCS 至福のダイエット革命
1998年 講談社
成功率95.4%、2万人以上が実証する脳でやせる「夢ダイエット」という触れ込みで出版された「BOOCS(ブックス)ダイエット」の解説&実践本。好きなものを好きなだけ食べ、お酒も飲み、運動もしないのに痩せてしまう革命的ダイエット法。医者の提唱により病院で実践されたため、豊富な症例と確かな成功例が話題を呼び、2000年代前半にマスコミにも取り上げられてブームになりました。

BOOCSダイエット (朝日文庫)

中古価格
¥1から
(2017/9/27 19:14時点)



BOOCSダイエット
2005年 朝日文庫/朝日新聞社 525円
1998年に出版された講談社「BOOCS 至福のダイエット革命」を再構成したような本。

BOOCSダイエットクッキング―きれいにやせる一日一快食メニュー

中古価格
¥1から
(2017/9/27 19:14時点)



BOOCSダイエットクッキング
2002年 小学館 1,365円
同じ「一日一快食」でも日本の家庭的料理が望ましいということで、BOOCSダイエットに相応しい料理例を紹介したBOOCSダイエット用のクッキングレシピ本。さらに、脳疲労のせいでダイエットに成功できない人は、「好きなものを好きなだけ食べて良い」と言われても、何を食べるか考えるのすらストレスになるほど重症。そのような脳疲労重症者のストレスも軽減できるレシピ集です。
ラベル:ダイエット
posted by BiB at 19:15| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BOOCS(ブックス)ダイエットとは?

BOOCSダイエット (朝日文庫)

中古価格
¥1から
(2017/9/27 17:24時点)




BOOCS(ブックス)ダイエットとは、九州大学名誉教授で医学博士の藤野武彦氏が提唱し、創出した「脳指向型自己調整システム=BOOCS(Brain・ Oriented・Obesity・Control・System)のこと。

ストレス過多(情報過多)により、脳が正常な機能を果たせなくなった状態を「脳疲労」と定義。その脳疲労状態を解消することにより、ダイエットにつなげるという新しいダイエット方法。

つまり、太る原因は「脳の疲労にある!」ということ。

様々なストレスを抱える現代社会。ストレスが積み重なることで脳が疲労を起こし、“脳疲労”の状態に。脳疲労が起こると、感覚をコントロールしている場所に様々なトラブルが生じ、味覚に異常が現れる。

味覚異常になると、今まで「脂っこい」「甘い」と感じていたものが、それ以上でないと感じなくなり、気が付かない内に脂っこいものや甘いもの食べ過ぎてしまうことに。

さらにひどくなると、食べる量も普通の量では満足できない “食行動異常”に発展することも! このような“脳疲労”も、太る原因のひとつ。

そこで痩せるために、カロリー制限や運動によるダイエットを実行に移すのですが、

・食べたいのに食べられない
・面倒なカロリー計算をしたくないのにしなければならない
・少しはダイエットを休みたいのに休んではいけない
・運動したくないのに運動しなくてはいけない

という、より大きなストレスを抱えるハメに陥り、その結果、脳疲労がさらに増加。最終的にはダイエットに挫折して、前よりも食べ過ぎて太ってしまうリバウンドを起こすことに……。

食餌制限や運動といったダイエットは理論的には正しい方法。しかし、脳疲労のある人には向かない方法。「BOOCS(Brain・Oriented・ Obesity・Control・System=脳指向型肥満調整システム)ダイエット」は、その脳疲労を解消して、美しく健康的にやせる新しいダイエット法。

脳疲労を解消するには、“心地良いこと”で本能を満足させてあげることが一番。てっとり早い方法が、“おいしいものをおなかいっぱい食べる”。

“痩せるために我慢”はやめて、1日1回は心からおいしいと思うものを楽しく食べる。食べる喜びを取り戻すことで、徐々に脳疲労が解消され、味覚も正常に。さらに続けると、自然に体重が減っていく。そんなダイエット法。

医者の提唱により病院で実践されたため、豊富な症例と確かな成功例が話題を呼び、マスコミでも話題に。2000年代前半にブームになったダイエット法です。


藤野武彦(ふじの・たけひこ)
1938年福岡県生まれ。九州大学名誉教授。医学博士。

九州大学医学部卒業後、九州大学医学部第一内科において、内科、特に心臓・血管系の病気の研究を行い、九州大学健康科学センターが開 設されたのを契機に、 「健康科学」という新しいサイエンスに挑戦。

1991年、「脳疲労」概念を提唱。「脳疲労」を解消し脳を活性化する手法であるBOOCS(脳指向型自己調整システム)理論を創出 した。
(〜BOOCS公式サイト「脳疲労概念」、「藤野武彦のこれまで」参考〜)
ラベル:ダイエット
posted by BiB at 17:25| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

ダイエットの種類



ダイエットとは、健康や美容などを目的として、食事の質・量(カロリー、食材の種類・バランスなど)をコントロールするイギリス語。 日本では「痩せる」と いう言葉だけが一人歩きして「減量・摂生」という意味で誤用されてしまい、英単語の本来の意味とはかけ離れた和製英語に。

そんな日本におけるダイエットの種類は、おおまかに分けて、

・食餌療法
食事による摂取カロリーを少なくすることで、痩せることを期待する方法。カロリー計算や栄養の組み合わせといった面倒な下準備が必要。元々、糖尿病や高血圧症といった病気治療のために作られたダイエット法なので、食べたいものが食べられず、精神衛生上、好ましくない状態になり、ストレスが溜まる人も。太らない体質作りとは無縁の方法なので、一時は体重の減少に成功しても、強い意志がないと維持し続けることが難しい。

面倒な下準備を苦にせず楽しみながらできる人、食べたいものが食べられなくても大丈夫という強い意志を持っている人向けのダイエット方法。

・運動(エクササイズ)
運動することにより体脂肪を燃焼させ、痩せることを期待する方法。基本的に「体脂肪の燃焼」に特化した方法のため、食餌療法同様、太らない体質作りとは無縁。

必要以上のエネルギーを摂り過ぎた時に、その余分なエネルギー=体脂肪を燃焼させるべく運動を続けなければならないため、運動がキライな人には向かず、身体を動かすのが大好き! という、スポーツマン、スポーツウーマン向けのダイエット方法。

・器具を使用した方法
高周波・低周波治療器、サウナスーツ、赤外線などの効果により、痩せることを期待する方法。運動同様、体脂肪の燃焼に特化した方法のため、太らない体質作 りとは無縁のダイエット法。

体脂肪の燃焼を器具に頼った方法のため、運動(エクササイズ)だけをするよりも楽。しかし、常にし続ける気力が途切れないことが前提のため、一度気持ちが折れたら……。絶対に痩せる! という強い意志を持った人向けのダイエット方法。

・サプリメント
脂肪燃焼を促進させたり、腸内に溜まっている宿便を排泄させたり、満腹中枢を刺激して食欲を減らしたり、薬の力を使って痩せることを期待する方法。薬の力を使って無理やり体重を減らす方法のため、こちらも太らない体質作りとは無縁のダイエット法。

薬の値段も安価ではなく、効く効かないに個人差があるため、自分に合う薬に出会えるかどうかにかかっている。お金に余裕のある人向けのダイエット方法。

・手術
皮下脂肪を切除したり吸引したりする美容整形術の1つ。手術で余分な脂肪などを無理やりになくすため、他の方法同様、太らない体質作りとは無縁のダイエット法。したがって手術で痩せたとしても、手術前と同じ生活を続ければ、同じ道をたどることに……。

また、人によっては手術の後遺症もあるため、信頼できる先生と出会えるかどうかがカギといえる。

の5つ。

太るということは、摂取カロリーが消費カロリーを上回り、余分なカロリーが脂肪として蓄積されてしまうこと。そのためダイエットは、

・余分なカロリーを摂らない
・取ってしまった余分なカロリーを消費させる
・蓄積してしまった脂肪分を燃焼させる

の3方法でしたが、ここ数年は太る原因が“ストレス”という考えが広まり、「BOOCS(ブックス)ダイエット」に「レコーディング・ダイエット」、「食べ合わせダイエット」、「巻くだけダイエット」など、ストレスを溜めない画期的な新しいダイエット方法が登場している。
ラベル:ダイエット
posted by BiB at 12:36| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

太るメカニズム



太る。

どうして太るのだろう?

この「太る」というプロセスを理解しなければ、やせることは簡単ではない。そこで、太るメカニズムを検証しました。

「太る」とはどういうことか?

暮らしの中で消費するエネルギー(=消費エネルギー)のことを“基礎代謝”と言います。基礎代謝分のエネルギーがなければ、すぐに疲れてしまったり病気がちになったり、人間は平穏な生活をすることができません。

そこで、そのエネルギーを補充するために食事をしてエネルギーを摂取する(=摂取カロリー)のですが、その摂取カロリーが、身体を動かしたりして消費するカロリーよりも上回ってしまうと、その分が脂肪となり蓄積されてしまいます。つまり、これが太るということ。

この太るプロセスに着目したダイエット法が、従来からある「カロリー制限ダイエット法」。

初めから補充する摂取カロリーを減らす。つまり、食事を少なくする「食事系ダイエット」。運動などで消費カロリーを多くして、摂取し過ぎた分のカロリーを無理に消費する「運動系ダイエット」。この2つの方法が主。

しかし、基礎代謝は人それぞれ違う値のため、毎日同じものを食べていても、一方は太り、一方は太らないことが起こります。その上、現代はストレス社会。ストレスのせいで満腹中枢に異常が生じ、そのことで食べ過ぎなどの食欲障害が起こり、太ることにつながるケースも。

そこで最近ではストレスを取り除く、まったく新しいダイエット法が確立されています。まず最初にストレスを克服しない限り、従来のダイエット法ではリバウンドなどが起こりやすく、非常に危険な状態になるからだそうです。

どうして自分は太るのか。不規則な生活? ストレス? それとも、運動不足? 自分がなぜ太るのか、その原因を考えるのがダイエットの初めの一歩。
ラベル:ダイエット
posted by BiB at 11:58| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする