2016年12月18日

たためるパソコン キングジム ポータブック



すごく気になる商品を見つけた。それが、KING JIM(キングジム)の「PORTABOOK(ポータブック)」。同社が発売したテキスト入力マシン「pomera(ポメラ)」のPC版といったところでしょうか。ワープロとノートPCの中間に位置する感じで、ワープロに特化したノートPC。ポメラは完璧にワープロでしたが、ポータブックはWindows10を搭載した、れっきとしたPC。

快適にテキスト入力できる12インチノートPC並のフルキーボードが左右に分離することで、持ち運びの際にはA5サイズ大の大きさになる8インチの超コンパクトサイズノートPC。外出先でメールチェックや書類をまとめる場合、非常にストレスなく文字入力ができるはず。

詳細サイズは204×153×34mmで、重量は約830g。そんなコンパクトさながら、USBポートにSDメモリーカードスロット、HDMI端子やVGA端子などを搭載。その上、スマホやタブレット用のモバイルバッテリーからも充電可能なのはありがたい。

メインメモリは標準2GBで、HDD容量は32GB。無線LANも搭載され、IEEE 802.11b/g/nを準拠。また、Bluetooth機能もあり。

かつては重い思いをしながら10インチで1.5kgのウルトラモバイルPCを持ち歩き、現在は8インチで500gのWindowsタブレットに、200gの10インチノートPC並のキーボートを併せて持ち歩いているが、10インチノートPC並のキーボードはやはり打ちづらい。その上、一体化でないため運びづらい。自分のベストとしては、分離可能な10インチタブレットと12インチノートPC並のキーボードで1kg以下。

ポータブックは8インチモニタに12インチノートPC並のキーボード一体型で830g。使用者のレビューを見るとおもちゃのようなものだけど、自分には非常に魅力的。こんなものが2万ちょっとで買えるなんて。どこかで現物に触れたいものだ。
posted by BiB at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

Windows10無償アップグレード その後

今年、2016年7月29日で終了したWindows7、8からのWindows10の無償アップグレード。マイクロソフトでは、「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレード」というページで、障碍者向けには無償アップグレードが継続されているのだが、このページ、障害者であることを確認する方法がない。そのため、誰でも利用できてしまうのだとか。

Windows7、8を利用中で10にアップグレードしていない方は、試してみる価値あり!

ちなみに、ISOイメージでのWindows10のダウンロードは、マイクロソフトの「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」ページで、今でも可能。無償期間内に一度でも10の認証作業を行っていれば、ダウングレードしていても、いつでもアップグレードOK。なので、そういう方はこちらのページを。

また、ウィンドウズ7以降のプロダクトキーがあれば、アップグレードではなくクリーンインストールが可能。その場合は、「ツールを今すぐダウンロード」から「MediaCreationTool」をダウンロードして、USBメモリやDVD-Rでインストールメディアを作成すればOK。
posted by BiB at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

SP-MART(オリジナル)高速CAT7 Lanケーブル フラット 5M

SP-MART(オリジナル)高速CAT7 Lan ケーブル カテゴリ7 lan cable フラット 5M Cat.7 ケーブル Cat.7 Cable High-Speed Lan Cable フラットLANケーブル /5m 10ギガビット Cat 7 Flat lan cable 5M(色Purple) esd3004_48_5m

新品価格
¥858から
(2017/7/12 21:58時点)




わが家のインターネット回線速度をインターネット上のスピードテストで計測すると約20〜40Mbps。どうにかして、もっと速くならないものかと調べたところ、LANケーブルのカテゴリ7にたどり着いた。しかし、さすがに最新のケーブル規格のため値段が高い。しかも、5.0mとなると、かなりお高い。

そこで見つけたのが、アマゾンにあった「SP-MART(オリジナル)高速CAT7 Lanケーブル フラット 5M」。

「※日本語の説明書は付属しておりません。」

という一文から海外製ということは分かったが、この値段ならばちょっと冒険してみようと購入してみた。

結果、中国製ながら、見事なパフォーマンスをたたき出してくれた。スピードテストによると、70〜80Mbps。体感的には何も感じないけれど、以前のカテゴリ5eと比較すると、約2倍の速度になった。さらにうれしいことに、安定性が増した。今までは、接続が切れるのかスピードが不安定だったのか、インターネットに若干のストレスを感じていたのだが、このケーブルに変えてからそれがなくなった。

もしかしたら、もっと価格の高いカテゴリ7のケーブルにしたほうが高いパフォーマンスを得られるのかもしれないが、とにもかくにも、このLANケーブルはお安いのでオススメです。
ラベル:アマゾン
posted by BiB at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

エレコム ワイヤレスマウス BlueLED 5ボタン ブルー M-BL22DBBU

エレコム ワイヤレスマウス BlueLED 5ボタン ブルー M-BL22DBBU

新品価格
¥1,818から
(2017/7/12 23:27時点)




ワイヤレスマウスを物色し、気になってアマゾンで購入したのが、この「エレコム ワイヤレスマウス BlueLED 5ボタン ブルー M-BL22DBBU」。

初めて触った瞬間、ちょっと大きいかなと思ったのだが、非常に安定していて使いやすい。ということは、自分にはぴったりのフィット感なのだろうか? しかし、手の小さな女性や子どもには、大きくて使いづらいかもしれない。そんな大きさ。

今回、このマウスで初めて「左右スクロール」と「戻る・進むボタン」というものに触れたのだが、これ、すごく便利だ。特に左右スクロールは、Macのトラックボールや富士通のキーボードである親指シフトに初めて触れたときを思い出したほど。そのくらい、自分にはものすごく画期的な機能だ。

また、USBポートに装着するレシーバーをマウス本体下側に収納できるというのは、本当に便利。普段使いの1台に挿して使っているのだが、たまに違うPCに挿して外出先で使うもので、この下側収納のおかげで持ち運びは便利だし、無くなる確率も低くなった。

ひとつだけ取るに足らない欠点を挙げるとすると、電池カバーのフタ。自分には非常に開けづらく、ちょっとイラッと。まあ、次に開けるのはずいぶん先のことなのだが・・・。
ラベル:アマゾン
posted by BiB at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

マウスをはじめデジノス、エプソンなどからスティック型PC



マウスコンピューターから2014年に発売されたスティック型PC「m-Stick MS-NH1」。HDMI端子のあるテレビやディスプレイに、このUSBメモリのようなスティックPCをつなげれば、すぐにWindowsPCとして使えるスグレモノ。

というわけで、かなり世間をにぎわせましたが、他メーカーもスティック型PCに参入し始め、ユーザーとしてはどれにしようか悩むところ。2万円ほどでテレビがお手軽サブPCになるのですから、一家に1台、いかがでしょうか?

マウスコンピュータからは上記の「m-Stick」シリーズ。


iiyamaからは「Picoretta(ピコレッタ)」。

Diginnos Stick DG-STK1
Diginnos Stick DG-STK1
posted with amazlet at 15.06.02
サードウェーブデジノス


Diginnos(デジノス)からは「DG-STK1」。

I-O DATA スティック型パソコン 「インテル(R) Compute Stick」 CSTK-32W
アイ・オー・データ (2015-05-14)
売り上げランキング: 18,605


インテルからは「Compute Stick」。

このほか、エプソンからは「Endeavor SY01」も発売されています。
posted by BiB at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする