2019年01月20日

マック=マクドナルドのコーヒーが期間限定で無料!

明日、2019年1月21日(月)から5日間限定で、マック=マクドナルドのコーヒーSサイズが無料で飲める!

ハンバーガーチェーンのマクドナルドが、明日、2019年1月21日(月)から25日(金)までの5日間、「プレミアムローストコーヒー」ホットのSサイズを無料で提供。

通常100円の「プレミアムローストコーヒー」Sサイズが0円=無料で飲める!

5日間の期間限定で、しかも朝7時から14時までの時間指定で、通常100円(税込)のホットコーヒーSサイズが、0円=無料に。

セットおよびコンビのドリンクは対象外で、1人1回につき1杯限りの提供。

昨年話題になった「0円コーヒー」が今年も登場。

詳しくはマクドナルドの公式サイトへ。

2017年04月11日

一部のポテトチップス、販売終了や休止

昨年の夏に北海道を襲った台風の影響により、カルビーと湖池屋が一部のポテトチップスの販売終了や休止を決めたことが、昨日、2017年4月10日に判明した。

ちなみにカルビーは、公式サイトのプレスリリースにおいて「馬鈴薯不足に伴う「ポテトチップス商品」の影響による商品の休売及び終売に関して」という記事を発表。

「フレンチサラダ(60g)」「堅あげポテト 北海道バターしょうゆ味(65g)」など18種類の販売を終了し、「ポテトチップスBIGBAG うすしお味(170g)」「ピザポテト(63g)」など15種類の販売を休止するようだ。

原料である国産ジャガイモ(馬鈴薯)が昨夏の台風の影響により不作で、アメリカ産ジャガイモの輸入量を増やしたが品質が不十分なものが多く、例年と同程度の量を確保するのが難しいため、売れ筋や定番商品に絞るためらしい。

湖池屋は国産ジャガイモ100%というこだわりのため販売終了や休止に踏み切り、「リッチコンソメ(Mサイズ)」など7種類の販売を終了し、「ガーリック(55g)」など9種類の販売を休止するらしい。

ちなみに「わさビーフ」で有名な山芳製菓は、特売商品の生産をなくすことで「わさビーフ」などといった定番商品の欠品は避けられたそうだ。

2017年03月15日

東京の地下鉄全車両に防犯カメラ設置

昨日、2017年3月14日、昨今、発生している地下鉄車両内でのいたずらや迷惑行為等、犯罪行為の未然防止のほか、テロ対策等に向けたさらなるセキュリティ強化を図るため、東京都営地下鉄と東京メトロの全車両に録画機能付き防犯カメラを設置すると発表があった。

都営地下鉄は今年8月から新宿線で運用を始め、来春には浅草線、以後、三田線、大江戸線に展開し、全車両で運用が始まるまで10年程度の予定。

また、東京メトロは日比谷線と丸ノ内線で来年度、銀座線は2019年度に設置を始め、22年度をめどに設置完了予定。しかし、その他の線は未定だとか。

カメラが設置された車両では、防犯カメラが作動していることを示すステッカーを掲示。録画の保存期間は1週間程度で、順次古い映像に上書きされるようだ。

ちなみに列車内の常時録画は、2009年、JR埼京線の先頭車両で痴漢対策を目的に設置されたのが初めて。その後、2011年に京王電鉄が一部車両で実施。ほかに東急電鉄が全車両を対象に常時録画を始めると、去年、発表している。

2017年03月07日

まんがでわかる 伝え方が9割 を読んだ

まんがでわかる 伝え方が9割

新品価格
¥1,296から
(2017/3/7 11:09時点)



本屋のベストセラーコーナーで平積みになっていて、「シリーズ96万部突破!」という帯のうたい文句と表紙のカワイイ絵柄に惹かれて、ちょっと立ち読みをしてみたのが「まんがでわかる 伝え方が9割」。

この「まんがでわかる 伝え方が9割」は、シリーズ90万部突破のベストセラー、佐々木圭一著「伝え方が9割」のまんが版。以前から新聞の広告欄で元になったビジネス書は見かけていたが、マンガ版も出ていたとは。チラッと読むつもりが、なかなか面白くて買ってしまった。

内容は、頼み事をするときに有効な伝え方「ノーをイエスに変える技術」と、自分の言葉の印象を強くする伝え方「強いコトバを作る技術」について。マンガなので非常に読みやすく、実に参考になる。書籍版を読んでないけど、こちらのマンガ版のほうが絵の助けもあってイメージしやすく、いいような気がする。

この2つのテクニック「ノーをイエスに変える技術」「強いコトバを作る技術」は、当たり前のことで誰もが知っていること。だけど、相手をそこまで思いやる気持ちが少なく、自分が伝えたいことでいっぱいいっぱいのため、なかなか実践できていないのが現実だと思う。

恐らく多くの人が、「こんなこと知ってるよ」「当たり前じゃん」「立ち読みで十分の内容だ」と思いながら、この「伝え方が9割」読み進め、「分かっていたなら、なんでお前は実践できてないんだよ」と自分の未熟さ、おろかさに気付いて、自分自身にツッコミを入れるはず。

かくいう自分も、誰かに伝える際には、この本に書いてあるようにいろいろシミュレーションして考えてるのに、いざ相手を目の前にすると感情的になってしまい、うまく伝えられない一人。でも、この「伝え方が9割」を読んだことで、その事実に気付けたため、これからは少しはマシになるだろう。この本と出合うきっかけを作ってくれた大舞キリコさんの絵に感謝だ。この人の絵じゃなかったら、立ち読みしなかったかもしれない。

タイトルの付け方、文章の書き方など、ブログなどのアクセスアップ対策としても、この「伝え方が9割」は有効だと思う。

↓電子書籍、Kindleストア版

伝え方が9割 2冊パック


2017年02月23日

さよなら都電7000形記念バス無料運行 乗車は抽選申し込み制

昭和29年(1954年)から運行を開始し、路面電車として60年以上にわたって東京を走り続けた都電7000形が、今年の春をもって運行を終了。

その引退に際し、交通局では、都電7000形のデザインを都営バスにラッピングした「さよなら都電7000形記念バス」を、3月24日(金)〜26日(日)までの3日間、かつての「都電1系統(品川駅〜上野駅)」のうちの銀座〜日本橋間で運行するのだとか。

運行本数は、銀座〜日本橋17便、日本橋〜銀座17便の全34便で、それぞれ片道約12分。募集定員は約1000人の予定で、参加費は無料。

催事内容は、「バスガイドによる運行当時の様子などの紹介」「電鈴(車内案内ベル)の再現」「7000形秘蔵写真や当時の切符などの展示」「さよなら都電7000形企画オリジナルの記念チケットの進呈」ほか。

記念バス乗車の申し込みは、インターネット、ファクス、ハガキのいずれかの方法で受け付け。詳しくは東京都の報道発表資料「3日間限定で銀座〜日本橋間を都電7000形復刻バスが運行」へ。
ラベル:路面電車 都電