2017年01月04日

文化鍋とは?



先日、とある本を読んでいて「文化鍋(ぶんかなべ)」という単語に出合った。おいしいごはん炊こうとしたが、一番の組み合わせである薪とお釜は無理なので、文化鍋を使ってガスで炊こう、と。

文化鍋? 初めて聞く、いや見た言葉だ。というわけで、調べてみた。

Wikipediaによると炊飯用の鍋で、文化釜(ぶんかがま)とも呼ばれるらしい。アルミニウム合金を鋳造して造られる深鍋で、蓋が鍋の縁より2〜3センチ低い位置に収まるように段が設けられているのが特徴。

炊飯以外にも普通の鍋としても使え、煮物などに向いているのだとか。

文化鍋は、第二次大戦中の国策統合会社「関東軽金属器物鋳造株式会社(のちに文化軽金属鋳造株式会社に改称)」が考案。

1945年(昭和20年)に実用新案特許を取得し、1950年(昭和25年)に発売。高度経済成長時、「文化」を冠することが流行ったことから「文化鍋」という名称になったらしい。

ちなみに似たような例として、文化住宅、文化包丁、文化干しなど。

計算すると、今年は文化鍋発売から67年。そんなに古い歴史を持つ鍋でもないし、今でも普通に売られているのだが、自分は見たことも聞いたこともなかった。

物心が付いたころには、すでに電気炊飯器全盛の時代。ガスで炊いたごはんを食べる経験もなく、電気以外で炊かれたごはんといえば、せいぜいキャンプや学校の課外授業で行われた飯盒炊飯ぐらい。

薪とお釜はわが家でも無理だが、ガスでごはんを炊いてみようかと、ちょっと思ってしまった。

2017年01月01日

年賀状など、1月2日の郵便配達休止

明日、2017年(平成29年)1月2日の郵便物の配達は、2004年以来13年ぶりに配達が休止されるらしい。

理由は、コスト削減のため。

本日、1月1日の元日に配達する年賀状は、前年比5.6%減の16億4,400万通で、8年連続の減少。

年賀はがきの発行枚数は、電子メールやSNS(インターネット交流サイト)の台頭で大幅に減少し、今年、2017年の発行枚数は約28億5,300万枚。昨年、2016年(平成28年)の総発行枚数は30億2,285万2,000枚だったため、30億枚の大台を割り込むことに。

ちなみに1月2日の配達休止は、来年2018年以降も継続する方針らしい。

2016年12月30日

正月飾りはいつからいつまで

門松、しめ飾り、鏡餅といった正月飾り。

その正月飾りの準備、関東は12月8日、関西は12月13日から始まり、12月28日までに済ませるのが一般的。そして、この準備期間中ならいつ飾ってもいいのだが、28日が最適だとか。

その理由は、29日は「二重苦」、また「9」は「苦」に通じるというゴロ合わせから嫌われるため。そして31日は、葬儀の飾りが一夜限りであることから、それが連想されて縁起がよくなく忌み嫌われているとか。また、神様をお迎えするのに、前日にあわただしく行うことは失礼にあたるとも。

ちなみに30日は旧暦で「晦日(みそか)」。月の最後の日ということで31日と同様の扱いになるのだとか。そこで、日本古来の縁起のいい数字、末広がりの「8」が付く28日が最適の日なんだとか。

では、正月飾りをはずす時期は?

松の内の最終日、1月7日の朝に七草粥を食べて、門松、しめ縄を外すのが一般的。しかし、松の内は小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までという地域もあるので、住んでいる地域に合わせるのがベスト。

ところで、正月飾りのうち鏡餅だけは別扱い。「鏡開き」と呼ばれ、一般的には1月11日で、地域によっては1月15日。この日に鏡餅を開き、おもちを食べることに。

元々は、松の内は1月15日、鏡開きは1月20日と全国的に決まっていたのだが、徳川家光が4月20日に亡くなったことがきっかけとなり、鏡開きの1月20日が忌日とされ1月11日に変更。幕府があった関東を中心にその変更が広まったものの地域によっては正確に伝わらなかったために、今でも1月15日に鏡開きを行なっている地域もあるのだとか。

さらに、「鏡開きを行なったあとに正月飾りを飾っておくのはおかしい」ということで、鏡開きの日にちが変更されたことに伴い、松の内も1月15日から1月7日に変更されたらしい。

2016年12月23日

郵便料金改定 はがきは52円から62円に値上げ

日本郵便は2016年12月22日、はがきと定形外郵便物、ゆうメールの料金を2017年6月1日から引き上げると発表。郵便事業の黒字維持が狙いで、消費税導入・増税時を除く本格的な郵便料金の値上げは1994年1月以来、約23年ぶり。料金改定の詳細は、こちら

特に赤字幅が大きい通常はがきは、現行の52円から10円値上げして62円。したがって往復はがきは124円に。しかし、年賀はがきは12月15日から翌年1月7日の間に「年賀」と明記して差し出した場合に限り、52円のまま据え置き。この期間以外で年賀はがきを出す場合は、差額の10円がかかる。

そして、封書のうち定形郵便物は現状の82と92円を維持するが、定形外郵便物は新たに規格を定め、規格内のものは20〜30円値下げし、規格外のものは80〜150円値上げになる。

ゆうメールも同様で、規格内のものは現状維持で、規格外のものは超える場合に85〜100円の値上げになる。

佐川急便、7都府県で配達の遅れ

ニフティのネットニュースで見たのだが、2016年12月22日の毎日新聞によると、「佐川急便:7都府県で遅配 荷物集中や人員不足原因か」らしい。

なんでも、宅配大手の佐川急便で年末の荷物量増加に伴い、東京や埼玉、愛知、大阪など7都府県で配達に遅れが出ているらしい。佐川急便の広報部によると、「遅れは1〜2日程度としているが、22日正午現在で7都府県22市区に広がり、解消のめどは立っていない。想定以上の荷物集中や人員不足が原因とみられ、過去にこうした遅れはなかった」とか。

わが家も佐川急便から荷物が届くという連絡があり、「今日、届くんだろうな」と佐川の追跡サービスで確認したら、ずっと「保管中」。「交通事情により遅れることがある」といった一文はあるものの、いつもは届くのはその日のうち。ところが今回は、翌日の夕方だった。佐川の配送で予定より遅れたのは、数年ぶりのこと。このニュースと関係があるのだろうか?