2008年03月21日

お葬式に関する備忘録

急な訃報。亡くなった方と自分の立場を考え、通夜か告別式のどちらに出席するか……。

通夜は、遺族や近親者、親しい友人など、故人と深い関わりを持つ人が参列するもの。本来、通夜の参列は親しい人に限られ、それほど親しくない場合は、告別式に参列するものでしたが、最近では、どちらかに出席すれば"礼を尽くした"と考えるようになってきているようです。

香典ですが、通夜のみの人は通夜に、通夜と告別式両方に出席する人は通夜に持参し、告別式では記帳のみに済ませます。しかし、地域によってさまざまなしきたりがありますので、事前に聞いておいた方が無難。また香典の渡し方ですが、袱紗に包まず、そのまま出すのはマナー違反ですので注意しましょう。

香典の目安としては、
両親..................10万円前後
兄弟姉妹............3〜5万円
親戚..................1〜3万円(親より少なめに)
会社関係............自分の年齢により、
        20代......3千円〜5千円
        30代......5千円〜1万円
        40代......5千円〜1万円
        50代......5千円〜2万円
友人・知人.........5千円〜1万円

ちなみに、香典には新札ではなく古いお札と言われていますが、最近では、この風習はなくなりつつあるようです。

通夜の式が済み、軽い酒食が出される「通夜ぶるまい」が行われますが、その席へ勧められた場合は固辞せずに、一口でも箸を付けるのがマナー。また、勧められないのに席へ上がるのはマナー違反。
posted by BiB at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

お賽銭の金額

初詣や、旅行などで神社仏閣へお参りした際に、いくらのお賽銭を入れるのがいいのだろうか? 自分の場合、多くの人と同じように「ご縁があるように!」と5円硬貨が基本。しかし、5円玉がないときには……。

なんでも10円は語呂合わせで

「遠縁=とおえん」

につながるということで、昔から避けられているようです。

実際に願いが叶わないかどうかは分かりませんが、気になります。というわけで、これからは5円玉がないときは10円はやめて、50円か100円、500円玉にします。
posted by BiB at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

暑中見舞い&残暑見舞い

今年の正月、「年賀状」か「寒中見舞い」かで悩みましたが、夏にも同様の悩みが。そう、「暑中見舞い」か「残暑見舞い」か?

「暑中見舞い」か「残暑見舞い」かは、立秋(8月7日または8日)を境に変わるそうです。

「暑中見舞い」は、基本的には梅雨明け後から立秋の前日までに出すことになっていますが、あまりにも梅雨が明けるのが遅い場合は、7月20日ごろに出しても構わないようです。

「残暑見舞い」は、立秋を過ぎてから8月中に出します。どんなに残暑が厳しくても、9月に出してはいけないんだとか。
posted by BiB at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月04日

寒中見舞い

1月も今日で4日。確か、そろそろ年賀状のお返しを出す場合、「あけましておめでとうございます」から「寒中見舞い」に変えなければならないはず。そこで、寒中見舞いの正確な時期を知るべく調べてみた。

寒中見舞いとは、寒さのために相手の健康を気遣う便りで、「寒の入り(1月5日ごろ)から立春(2月4日ごろ)の前の日までに出す」、「松の内(1月1日〜7日)があけてから立春までの間に出す」とあった。

ということは、相手に届くのが投函してから1〜2日後という日本の郵便事情を考えると、1月4日までに出す場合は、「謹賀新年」「新年あけましておめでとう」「あけましておめでとうございます」で大丈夫。しかし、1月5日以降に出す場合は1月7日以降に届く可能性が高いので、寒中見舞いとして出すべきだなと再認識。

喪中で年賀状のやり取りができない人も、「寒中見舞い」として出せば、新年のあいさつができますね。
posted by BiB at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月06日

手紙の宛名の敬称

11月に入り、年賀状が発売。今年も、あと2カ月足らずで終わりなんですね。ということで、年賀状や手紙の宛名に付ける敬称について。

個人の場合は「様」や「殿」などがありますが、「殿」だと事務的な印象になるので、個人的な間柄なら「様」が一般的だそうです。今まで目上の方に「殿」という敬称で送らなくて良かったとホッとしました。

また、会社や学校、団体などといった組織宛の場合は「御中(おんちゅう)」が一般的。最近は、この御中を知らない人が多いようです。ただし、組織内の個人に出す場合は“組織名+個人様”と、敬称は「様」に。

社長や部長などの役職を付ける場合は、それ自体が敬称になるので、宛名に「様」を付ける必要はなし。

最後に「先生」。これは、医者や教師などに付ける敬称。したがって社長同様、「先生様」などと“様”は付けません。
posted by BiB at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする