2017年04月22日

PHS新規契約、来年3月末で終了

通称「ピッチ」と呼ばれるPHSのサービスは、ソフトバンクが「ワイモバイル」ブランドで提供しているもののみ。

そのワイモバイルのPHSサービスが、利用者の減少を理由に来年2018年の3月末で一般向け新規契約の受付を終了すると、ソフトバンクが4月20日に発表した。

ちなみに、PHS機器向け通信を含めた2016年12月の契約数は356万件。ピーク時の1997年のほぼ半分だとか。
既存の契約者へのPHSサービスは当面継続するというが、これもあと数年後には終了するのだろう。

ところで、PHSは電波の出力が弱いため病院でも使えるということで病院職員が利用しているが、これは一般向けではないから継続するのだろうか? それとも、病院でのPHS利用も、新しい通信機器に移行しているのだろうか?

posted by BiB at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

ケータイやスマホに搭載の電子マネーに注意

今日の夕刊に、「スマートフォンをなくして電子マネー約290万円を不正利用された千葉県の男性が、サービスを提供する「楽天Edy(エディ)」などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は18日、訴えを棄却した一審東京地裁判決を変更し、同社に約224万円の賠償を命じた」という新聞記事が。

なんでも、「小野洋一裁判長は「当時のホームページなどで紛失時に会員が取るべき対応を周知していなかったことに注意義務違反がある」と判断した」らしい。

「判決によると、男性は2012年11月、スマホを紛失。携帯電話会社に連絡して通信サービスを停止したが、楽天Edyには連絡せず、13年1月までの約2カ月間に不正使用された」のだとか。

つまり、ケータイやスマホを解約しても、楽天Edyといった電子マネーは使えるということ。どうして被害額が290万まで膨らんだのか書いていなかったので検索したら、「何者かに電子マネーの利用額の設定を変更され」という記事が。

パスワードがスマホのメモ機能などに記載されていたか、パスワード入力しなくても電子マネーの設定ページにいけるようになっていて、クレジットチャージされたのだろう。

それにしても、290万も使われる前に、クレジットカード会社から確認の連絡が来ると思うのだが。

ところで、記事に「「楽天Edy(エディ)」などに損害賠償を求めた訴訟」というように「など」とあるが、楽天Edyのほかに、どういった会社に訴訟をしたのだろう?

自分もスマホで電子マネーの「楽天Edy」と「nanaco」を使っているから、気を付けねば。ということで、備忘録。
posted by BiB at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

500MBまで無料の0円スマホ 0SIM

月額料金が安い格安スマホの価格破壊。それが、毎月500MBまでなら無料=0円、使いすぎても上限1,600円というnuroモバイルの「0 SIM」。ドコモの回線を利用したLTE高速データ通信なので、速度は満足できるもの。

始まった2016年1月26日当初はソニーネットワークコミュニケーションズ=So-netだったが、気が付けばnuroに名称変更。また、今までは“0”の付く日のみ申し込みを受け付けていたが、今月12月からは毎日受け付け! しかし諸般の事情により、月間申し込み数は「7,777」枚までだとか。

申し込みは1名義1枚までだが、家族の名義を駆使すれば複数枚の取得が可能。



その場合、SIMカードを2枚入れられる上記の「Huawei P9 SIMフリースマートフォン」のようなデュアルスロットスマホで2枚のSIMを切り替えながら使うと、1GBまで無料で利用できるらしい。
posted by BiB at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

ガラケー、タブレットPCでもLINE(ライン)ができる

SNSアプリのLINE(ライン)。スマホだけでしか使えないと思いきや、ガラケー、Wi-FiタブレットPCでも使用は可能。

・ガラケー(フィーチャーホン、フィーチャーフォン)
ガラケー用のLINEアプリがないため、LINEのウェブサイトを利用すればOK。ケータイのブラウザでLINEサイトへアクセスし、利用登録をクリック。「空メールを送信」をクリックし、何も書き込まずにメールを送信。すると、すぐにLINEからメールが届くので、その内容に従って返信リンクをクリックすると、LINEの利用登録画面に移行します。そこで、名前を登録すれば終了です。

・タブレットPC
Wi-FiモデルのタブレットはSMSや電話が使えないため、電話番号を使用する登録ができません。しかし、Facebook(フェイスブック)認証を利用すれば、タブレットでも利用登録が可能。LINEアプリをインストールして、LINEアプリを起動。利用登録開始画面で「Facebookでログイン」を選択し、アカウントを入力。Facebookアカウントがない場合は、ここで新規に作ることも可能です。

スマホを持っていないガラケー、タブレット持ちの方も、これでLINEユーザー!
posted by BiB at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

スマホの最速充電

気が付くとバッテリー残量が減っているスマホ(スマートフォン)。そのバッテリーの充電を、今持っている環境で速くする裏技が。

・機内モードで充電する
機内モードにすると、すべてのネットワークが切断されるので、バックグラウンドでの通信もカット。バックグラウンドでの処理が減るためにバッテリーの消費が抑えられ、その状態で充電されるために速く充電されるのだとか。しかも、電源オフ状態で充電するより、こちらのほうが速い。

・再起動してから充電する
再起動をすると、その際に余計なタスクが終了するので、バックグラウンドでの処理が減少。それにより、短縮充電が可能に。先述した、機内モード充電と似たような理由。
posted by BiB at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする