2005年02月12日

メールの「CC送信」と「BCC送信」

携帯で撮影した画像を複数の人にメール送信する時は、「CC送信「BCC送信」がお得です。どうしてかというと、何人に送信しても、画像のパケット代は"1人分のみ"なんです。

ちなみに、「CC送信」と「BCC送信」の違いは、他の受取人にアドレスが表示されるか表示されないかの違い。
表示させたくないのであれば、隠すという意味のブラインドのBが付いている「BCC送信」を利用しましょう。
posted by BiB at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

他社の携帯の着メロを、自分の携帯の着信音に!

知り合いが使っている着メロが気に入って、自分も! と思ったが、その着メロは他社の携帯会対応で、自分の携帯には対応していなかった……。

しかし、この「PsmPlayer」というフリー・シェア兼用のソフトを使えば、自分の携帯で使えるよう、着メロのファイル形式が変換できるんだとか。

変換方法は至って簡単! 変換したい着メロのファイルを開き、自分の携帯に合った形式で保存して、自分の携帯に転送するだけ。対応形式は、DDIのfeelsound(dxm)、ドコモのiメロディ(mld)、auのpmd、au/J-PHONE/tu-kaのsmaf、MIDI。
posted by BiB at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月11日

番号ポータビリティー制度

契約している携帯電話会社を変更しても、従来の電話番号を継続して使えるというのが「番号ポータビリティー(持ち運び)制度」。

総務省の研究会がまとめた報告書によると、制度の導入に必要な費用は、携帯電話会社と利用者がそれぞれ分担。しかし、携帯のメールアドレスは対象外。

研究会は報告書を4月に正式決定し、同制度は早ければ2005年度にも導入される見通しだとか。

実現したら、自分は番号ポータビリティー制度を利用して携帯会社を変えるだろうか? 携帯会社を変えながら機種変更をしたほうが、キャッシュバックといったいろいろなキャンペーンを利用できるから、お得なんだろうが……。
posted by BiB at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月25日

IP電話

「IP電話」とは、インターネット回線を使った電話で、相手が同じIP電話基盤を利用していれば、プロバイダが違っても通話料金が無料となる画期的な電話サービス。

固定電話への通話料金は、市内外を問わず、3分7.5〜8円と格安。国際電話の場合も、今までとは比較にならないくらい低料金でかけられます(アメリカの場合、1分2.5〜9円)。

2003年10月23日からは、一部で050で始まるIP電話専用番号も登場。固定電話からもかけられるようになりました。気になる通話料は、全国一律、3分10.4〜10.8円。

IP電話を利用するには、プロバイダへの加入、ADSLまたは光ファイバー回線、専用モデムまたはブロードバンドルータが必要。今使用している電話機がそのまま使えるので、非常に経済的。また、2004年初頭には、携帯電話、固定電話のナンバーディスプレイにも「050」で始まるIP電話専用番号が表示されるように。

NTTコミュニケーションズ、KDDI、日本テレコム、パワードコム、ぷららのIP電話事業者5社が、携帯電話とPHSへの相互接続を行うことを発表。この5社のIP電話と携帯電話間の通話料は「60秒あたり約19円」。

2004年2月現在、NTTの固定電話とDoCoMoの携帯間の通話料は、平日昼間「60秒あたり約23円」なので、IP電話からかけるほうが安い計算になります。

また、PHSにかける場合の通話料は、「1通話につき10円」+「60秒あたり10円」。なお、NTTコミュニケーションズとぷららはPHSとの相互接続を行っていないため、かけることはできません。

プロバイダによっては、セット割引というお得な特典もあり。ちなみに、すでに携帯電話との相互接続をしているソフトバンクBBのBBフォンは、今のところ8:00〜23:00「60秒あたり25円」。
posted by BiB at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月10日

通話料無料の電話 livedoor SIPフォン

インターネットの普及により、同じプロバイダ同士や提携プロバイダであれば通話料が無料という「IP電話」が浸透してきたが、プロバイダにかかわらず完全無料の電話が、ついに登場!

それが、「livedoor SIPフォン」。

無料プロバイダの老舗「livedoor」のIP電話サービスで、livedoor SIPフォン同士であれば、プロバイダに関係なく通話料がかからない。オプションサービスに申し込めば通話料金はかかるそうですが、一般加入電話・携帯電話との通話も可能になる優れもの。

さらに先日、livedoor SIPフォンに、携帯タイプの「livedoor SIPフォンモバイル」も仲間入り。気になる端末機のお値段は、livedoor SIPフォンが1台12,800円。livedoor SIPフォンモバイルが1台26,800円。利用料は、初期費用が1,480円。基本利用料が月額370円。詳しくはlivedoor SIPフォンへ。

※このサービスは2008年9月30日(火)をもって終了しました。

2009/3/17改訂
posted by BiB at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする