2017年12月22日

早稲田 穴八幡 一陽来復 冬至頒布備忘録2017

IMG_1475-85d3c.JPG
毎年、年に3回、冬至、大晦日、節分の日の夜12時にしか貼れないという金運アップの御守を頒布する神社、東京は早稲田の穴八幡宮。2016、2017と2年連続で試みたが、ご利益は全くなく・・・。

しかし、石の上にも3年ということで、2018年もチャレンジ!

ということで、一陽来復頒布初日である冬至の今日、2017年12月22日(金)始発に乗って詣でてみた。

穴八幡に到着したのは6時ちょうど。馬場下町の交差点にある正面入口から入ってみると、列の最後尾は最初の赤い鳥居の先で、2つ目の灰色の鳥居の前。去年は冬至の日の夜、19時ごろに、隣の放生寺門前辺りから並んで50分で御守をゲット。なので、ここからなら40分ぐらいだろうと予測。

その後、階段上の境内にたどり着いたのは6時13分。去年は5分だった距離を、今年は13分もかかった。しかし、昨年は境内に上がってから30分ほどで終わったので、この時点でもそのぐらいで終わるだろうと思っていた。ところが、今年はここからが長かった。なぜか今年は、ここから1時間半もかかって終了したのだ。

折り返しの列を作るパーティションのポールは埋め込み式のため、列の数も長さも例年、同じのはず。そして自分の記憶でも、見た目は昨年と同じような人数。境内に上がってからは昨年とほぼ変わらない人数のはずなのに、なぜ今年は去年より1時間近くもの差が出たのだろう?






考えられるのは、頒布にかかる時間。売り子さんの多くが頒布に慣れておらず時間がかかったのか、御守を求める人が時間をかけて購入するものを吟味し時間がかかったのか? とにかく、去年みたいに流れるような動きは全くなく列の流れは淀みっぱなしで、ガーッと進んでは、しばらくそのまま停止状態の繰り返し。

そんなこんなで御守の頒布を終え、馬場下町交差点に再び降り立ったのは7時45分ごろ。列の最後尾は灰色の鳥居辺りで、自分が並んだ1時間45分前の6時よりも列が短い。今年は参詣客が少ないのだろうか? それとも出足が鈍いのだろうか?

ちなみに、ツイッターやヤフーのリアルタイム検索を見ると、昨年よりも書き込みが少ないように感じる。しかし、自分のように2時間かかった者もいれば30分で終了という書き込みも見られるし、時間帯が良かったのか待ち時間ゼロという書き込みもあった。

待ち時間ゼロは、恐らく馬場下町の正面入口ではなく、教会のほうの裏口(?)を利用したのだろう。例年、そっちの参道を利用したほうが、圧倒的に早く御守をゲットできるようだから。

とにかく、穴八幡の一陽来復御守頒布で混雑するのは、この初日の冬至が一番。あとは大晦日と節分が混むぐらいで、それ以外の日はそんなに混まないはず。なので、どうしても初日の冬至に貼りたいという人以外は、平日に参詣することをオススメします。自分の経験上、平日は待ち時間ゼロだし、ゆっくりお参りもできて、あちこちの出店を堪能できますから。
posted by BiB at 22:57| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

今年の冬至は12月22日(金) 早稲田・穴八幡宮 一陽来復

image.jpeg
↑去年、初めて挑戦した際の一陽来復御守

毎年、年に3回、冬至、大晦日、節分の日の夜12時にしか貼れない金運アップの御守「一陽来復」。それを頒布する神社が、東京は早稲田駅すぐにある穴八幡宮。

去年の節分時に初めて試み、今年で2期目。しかし、ご利益はなく・・・。

石の上にも3年ということで、3期目もやってみようと、今回は頒布初日、冬至の日に始発に乗って行ってみようと計画している。

今年の冬至は12月22日(金)。はたして、今回はご利益があるのか!?






初めて挑戦した去年は、節分前の平日に行き、並ぶことなくゲット。そして、今年は去年の頒布当日、冬至の夜に行って、1時間弱でゲット。

毎年、徹夜する人も多いらしく、今回始発で行く予定の自分は、いったいどのぐらい並ぶことになるのだろう? 苦労する分、今年はご利益にあやかりたい。というか、こういう考えだから、いまだにご利益がないのだろうか?
[ここに地図が表示されます]
posted by BiB at 19:00| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

アフィリエイトのセルフバック=自己アフィリエイト



アフィリエイトというと、ホームページやブログ、メルマガを使って、第三者に購入またはサービスの利用をしてもらって、その紹介料=アフィリエイト報酬を得るというもの。

しかし、その中に第三者ではなく、自分で利用してもアフィリエイト報酬がもらえるものがある。それが、自己アフィリエイト=セルフバック。

アフィリエイト会社であるASPの中に、ホームページやブログ、メルマガを持っていなくても登録できるASPがあり、その一つが「A8.net」。

このA8.netには自己アフィリエイト用の「セルフバック」というページがあり、このセルフバックを利用すると、クレジットカードの申し込み、銀行口座の開設、株式・FX口座の開設などでアフィリエイト報酬が得られる。

自分はこのA8.netのセルフバックを利用して、ずいぶん得をした。

・クレジットカード
 クレジットカードを作る際にクレジットカード会社のキャッシュバック以外に、この自己アフィリエイト報酬で8,000円をゲット。

・光ファイバー
 ADSLから光ファイバーへの開設申し込みで、プロバイダからのキャッシュバック以外に15,000円をゲット。

・FX
 FXの口座開設で証券会社のキャッシュバック以外に10,000円をゲット。

・自動車保険
 自動車保険の見積もり&乗り換えで3,000円をゲット。

以上のセルフバック報酬は1回だけだが、こちらの「ぐるなび食市場」の利用では1.3%、「【イトーヨーカドーネット通販】」での利用では2%の自己アフィリエイトを毎回もらっています。

A8.netのセルフバック(自己アフィリエイト)はオススメです!
posted by BiB at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

はじめての人のための3000円投資生活 を読んだ

はじめての人のための3000円投資生活

新品価格
¥1,188から
(2017/2/26 20:57時点)



先日、新聞の下段にある書籍広告で見かけた「はじめての人のための3000円投資生活/横山光昭(アスコム)」。

「30万部突破」とあり、「最近はこんな本がベストセラーなんだ」と、ちょっと気になった。

そこで、アマゾンのレビューを見てみると39あり、あまり評価が芳しくない。「内容がない」「中身が薄い」とか「当たり前のことばかり」とか。

初版の発行は2016年7月7日。半年ほど前だ。半年で30万部。本が売れない今の時代、かなりの売れ行きだ。それなのに、アマゾンのレビューはたった39。しかも、あまり良くない評価。

ということで、1,188円を払って購入し、読んでみた。

かなり読みやすい平易な文章。また、文字数も少ないこともあり、あっという間に読み終えてしまった。2時間ぐらいだろうか? 斜め読みをすれば、30分もかからないだろう。

確かに肝心なことは、ほんの数ページに集約できる。「中身が薄い」「立ち読みで十分」という評価も理解できるが、この本はあくまでも投資経験のない初心者向け。

「消費」「浪費」「投資」と自分のお金を管理して、ローリスク・ローリターンの投資信託の実行とともに貯金をし、投資の知識が付いてきたら投資額・貯蓄額を上げるという非常にシンプルなもの。3,000円から始められるので、投資に不安のある人でもできるはず。

ちなみに自分は、株式やFXに手を出して大損をした過去を持つ身。投資信託は経験がないが、至極まっとうなことが書かれていて、よく理解できる。

この本に対して評価の低い人は、恐らく投資経験者で、短期間で楽をして儲けたいローリターンが嫌いな人なのだろう。

大損をした自分だから言えるが、ローリスク・ローリターンが、結局のところ最後に笑う投資法だと思う。この「はじめての人のための3000円投資生活」を読んだことで、自分は初心に帰ることができた。

「非常に低コストなインデックスファンドに投資すれば、同時に投資を始めた90%の人よりも良い結果を得るだろう」

「ゲームに参加しないリスクは、参加するリスクよりもはるかに大きい」

本書で引用されているウォーレン・バフェットの言葉だが、まさにその通りだ。投資信託、始めてみよう。
posted by BiB at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

早稲田 穴八幡宮 一陽来復 冬至当日混雑備忘録

東京は早稲田の穴八幡宮。毎年、年に3回、冬至、大晦日、節分の日の夜12時にしか貼れないという、金運アップの御守を頒布する神社。今年の節分時に初めて試みたが、やり方が悪かったのか、ご利益は全くなく・・・。

そこで今回は初日、つまり冬至の当日に一陽来復のお札を貼ろうと、一陽来復頒布初日である2016年12月21日(水)に東京メトロ早稲田駅下車すぐにある穴八幡宮へ。

書き込んでくれる人がいればリアルタイムでその場の状況が分かるツイッターを利用して調べたところ、朝5時からの頒布にかかわらず、徹夜待ちの列ができていたらしい。さらに午前中のツイッターの書き込みによると、その列は車両を通行止めにし、ファミリーレストランのサイゼリヤの前までおよぶほど!
anahatiman.jpg
恐らく穴八幡宮の門前まで300メートルはあるはず。「いつもの年より人が多い」「早稲田の人込みひどすぎる」「2時間以上並んで一陽来復のお守りを手に入れた」という書き込みも見られた。






混雑を避けるべく自分が足を運んだのは、陽も沈んで暗くなった19時15分。仕事帰りなのか、電車が着くたびに穴八幡宮に向かう人の波が途切れずに続く。ちなみに自分が並んだ最後尾は、予想より短めの穴八幡宮隣にある放生寺の入口付近。門前までは100メートルほどだろうか。

午前中のツイッター画像と違い車両も通行止めにはならず、人の列も歩道側に横並び1〜2人で列をなしていた。なので、門前まではものの5分で到着。ここからは横並び3人ほどで列をなし、脇の階段側から境内へ。境内までも5分ほどで到着。並んでから10分で境内まで行けたので、そんなに混んでないんだなと思った。しかし、ここからが長かった。あの、そんなに広くない境内に、人の頭しか見えない。

大きい折り返しを4回、小さい折り返しを3回経験し、境内に上がってから25分が経過したところで最後の直線に。これで合計35分。その後、数分で頒布窓口にたどり着き、800円を払って一陽来復を購入。お札を貼る台紙も露店で購入し、入口から真反対にある北参道口から退出。正面の門前に戻ってきたのが、20時。並んでから45分弱で一陽来復御守を購入することができた。

初日である冬至の頒布時間は5〜21時。あと1時間で終了時間だという20時になっても、行列に並ぶ人が続々とやってくる。行列の最後尾は見なかったが、自分が並んだ放生寺入口よりも奥にあるのは確か。頒布終了時間は何時だったんだろう?
posted by BiB at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする