2015年05月03日

LINEで既読を付けずにトークを読む方法

LINE(ライン)で、既読を付けずにトークを読む。TVCMでも取り上げられるほど有名な裏ワザです。

まずは、その1「通知」の活用。
iPhoneとAndroid版のLINEにはメッセージの着信を知らせる通知機能があり、これを利用します。この通知機能を使うと、LINEのトーク画面を開かないで読めるので、既読が付きません。

・iPhoneの場合
iPhoneの設定を開き、通知センターを選択。さらにLINEを選択し、通知センターに表示をオン。メッセージが届くと、通知センターに表示されることに。

・Androidの場合
LINEの設定を開き、通知設定を選択。通知表示から、メッセージ通知の内容表示をオンにし、画面オン時のポップアップ表示、画面オフ時のポップアップ表示をともにフルにする。メッセージが届くと、ポップアップで表示されるようになります。

その2「機内モード」の利用。
メッセージが届いたあと、設定画面からあらゆる通信をオフにする「機内モード」をオンにする。通信が遮断されているので、この状態でLINEのトークを見ても「既読」は付かない。しかし、機内モードをオフにして通信状態を元に戻したあとにLINEを起動させると、トーク画面を開かなくても「既読」が付いてしまうので、LINEを起動する際は注意が必要。

その3「専用アプリ」の導入。
LINEのトークに既読を付けずに読める無料・有料アプリがあるので、それを利用する。
posted by BiB at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約・裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

充電池・バッテリーを長持ちさせる方法

ケータイにスマホ、デジカメ、ノートPCなどに使われているバッテリー。そして、エネループなどの単1〜4といった充電池には、リチウムイオン電池とニッケル水素電池が。「Li-ion」と表記されているのがリチウムイオン電池で、「Ni-MH」とあるのがニッケル水素電池。

これらリチウムイオン電池とニッケル水素電池は、それぞれ特性があり、長持ちさせるには使用方法が異なります。

ケータイやスマホ、デジカメにノートPCのバッテリーは、最近はリチウムイオン電池が主流。このリチウムイオン電池の場合、充電率が100%や0%に近い状態で使い続けると、バッテリーの劣化が早まることに。つまり、100%満充電しているにもかかわらず充電をし続ける過充電と、残量が0%になったあと、そのまま充電をせずに放置する過放電は、リチウムイオンバッテリーの場合、してはいけないこと。なので、起床時には過充電になってしまうであろう就寝時の充電はオススメできないとか。ちなみに理想は、80%程度の充電で使い続けること。

また、充電をしながらスマホやタブレット、ノートPCを使用するのも避けたいこと。これをすると、過充電に加え、バッテリー自体が発熱して劣化を早めるから。バッテリーは熱に弱いので、この充電しながらの使用に加え、夏場の車内のような高温の場所での放置はしないように。

続いて、充電池に多いニッケル水素電池ですが、こちらの場合はリチウムイオン電池と違い、できるだけバッテリーを使い切り、0%近くになってから充電しましょう。リチウムイオン電池は30%、50%、70%と、中途半端なバッテリー残量で継ぎ足し充電をしても大丈夫だが、ニッケル水素電池の場合は継ぎ足し充電をするとバッテリーの劣化を早めることに。このことを「メモリ効果」と言います。

メモリ効果とは、中途半端に充電を繰り返すことで、その中途半端な充放電範囲をバッテリーが上限・下限と記憶してしまい、まだバッテリー残量が残っているにもかかわらず、バッテリー切れと誤認してしまうこと。このようなメモリ効果の発生してしまったバッテリーは、もう捨てるしかありません。なので、ニッケル水素電池の充電は、バッテリーをほぼ使い切ってから充電するか、リフレッシュ機能などを使って放電してから充電するように。

ちなみに、リチウムイオン電池とニッケル水素電池、両方に共通するしてはいけないことは、過放電。残量0%のまま充電をせずに長期間放置すると使えなくなってしまいます。使わないときでも、1カ月に1回ぐらいは充電するように心がけましょう。


posted by BiB at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約・裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

エレベーターのキャンセル

6階に行きたいのに5階のボタンを押してしまった!

エレベーターに乗ったとき、階を間違えて押してしまうことはよくあること。ほかに乗っている人がいなければ、余計な階に止まる時間のロスという迷惑は自分だけにかかるのでいいんですが、同乗者がほかにもいる場合は……。

そんなとき、間違った階のボタンを2度押しすると、キャンセルできることが。

1990年以降に作られたエレベーターには省エネ機能ということで、「行き先キャンセル」機能が。そしてその多くが「ボタンの2度押し」。

古いエレベーターには行き先キャンセル機能そのものがありません。また、最近のエレベーターは機種によっては「2度押し」ではなく、「3度押し」「長押し」というものが。なので、全てのエレベーターで使える裏ワザではありません。

行き先キャンセル機能は、押したボタン以外、もう一方にあるボタン、もしくは、壁面の下部にある車イス利用者用のボタンでも操作可能。混雑したエレベーターの中では、そちらのボタンでお試しを。
posted by BiB at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約・裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

バイバイギフト、amaten.jpで、アマゾンギフト券を安く購入

本、CD、DVDに日用品、電化製品、食料品と、生活に必要なものは大体揃っている大手通販サイト「Amazon(アマゾン)」。日本で多くの人に利用されている三大通販サイトの1つに数えられ、セール品だと半額50%以下は当たり前。ものによっては90%オフの商品も!

そんなアマゾンですが、もっとお得に購入したいならば、アマゾンギフト券の活用がオススメ。ギフト券といえば金券ショップだが、今回はアマゾンのギフト券を扱っている電子ギフト券・電子マネーをユーザー同士で売買し合えるマッチングサイトをご紹介! 預かり金システムなので、オークションのように「商品が届くかどうか?」「詐欺じゃないか?」などという心配はなし。アマゾンギフト券のほかに、Vプリカ、iTunesカードなども購入可能。

実店舗の金券ショップでは移動時間。ヤフオクなどのオークションでは取引時間がかかりますが、こちらのネットサイトを使えば年中無休の24時間、欲しいときにすぐアマゾンギフト券が手に入ります。

日によって多少の変動はありますが、大体1〜8%引きで販売しているので、アマゾンギフト券を5%引きで購入した場合、1万円ならば500円得したことに。そのアマゾンギフト券を利用して購入すれば、5%引きで購入したことと同じに。

20150222.jpg
バイバイギフト
指定銀行は、楽天銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行。入金時の振込手数料はご利用の銀行料金に準じ、出金時の手数料は1,000円以上からで、一律250円。振込手数料が安くなったり無料の場合もあるので、指定銀行を利用しての入金がオススメ。

150206.jpg
amaten(アマテン)
指定銀行は、三菱東京UFJ、ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行。入金時の振込手数料はご利用の銀行料金に準じ、出金時の手数料は2,000円以上一括出金で、一律162円。振込手数料が安くなったり無料の場合もあるので、指定銀行を利用しての入金がオススメ。また、三菱東京UFJ銀行以外は土日祝も振込可能なので、急いでいるときに助かります。

アマゾンギフト券を売りたい! という人は、↓下記のバナーをクリック。


posted by BiB at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約・裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

ジェフグルメカード

全国約35,000店舗で使える共通お食事券の「ジェフグルメカード」。

ガスト、デニーズ、ジョナサン、ロイヤルホストなどのファミレス(ファミリーレストラン)はもちろん、吉野家、松屋、モスバーガー、ケンタッキー・フライド・チキン、リンガーハットといったファストフード店、さらに、天丼のてんや、カレーのCoCo壱番屋、ステーキのどん、焼肉の安楽亭、天狗、さくら水産、甘太郎といった居酒屋、そして商業施設や百貨店のレストラン街でも利用が可能な便利な食事券。

このジェフグルメカードは、たいていの金券がお釣りを出さない中、500円未満の場合、お釣りが出るという貴重な金券。お釣りが出るので、金券で払うために無理をして余分に注文する必要はなし。

そこで、中途半端に貯まってしまい、期限間近になってしまったクレジットカードやポイントサイトのポイント交換に、ジェフグルメカードの選択をオススメ。

また、金券ショップでのジェフグルメカードの相場は、額面500円の金券が480円ほど。金券ショップで額面より安く購入して食費に充てれば、賢く節約できること間違いなし!
posted by BiB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約・裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする