2017年01月01日

年賀状など、1月2日の郵便配達休止

明日、2017年(平成29年)1月2日の郵便物の配達は、2004年以来13年ぶりに配達が休止されるらしい。

理由は、コスト削減のため。

本日、1月1日の元日に配達する年賀状は、前年比5.6%減の16億4,400万通で、8年連続の減少。

年賀はがきの発行枚数は、電子メールやSNS(インターネット交流サイト)の台頭で大幅に減少し、今年、2017年の発行枚数は約28億5,300万枚。昨年、2016年(平成28年)の総発行枚数は30億2,285万2,000枚だったため、30億枚の大台を割り込むことに。

ちなみに1月2日の配達休止は、来年2018年以降も継続する方針らしい。
posted by BiB at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵便・配送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

郵便料金改定 はがきは52円から62円に値上げ

日本郵便は2016年12月22日、はがきと定形外郵便物、ゆうメールの料金を2017年6月1日から引き上げると発表。郵便事業の黒字維持が狙いで、消費税導入・増税時を除く本格的な郵便料金の値上げは1994年1月以来、約23年ぶり。料金改定の詳細は、こちら

特に赤字幅が大きい通常はがきは、現行の52円から10円値上げして62円。したがって往復はがきは124円に。しかし、年賀はがきは12月15日から翌年1月7日の間に「年賀」と明記して差し出した場合に限り、52円のまま据え置き。この期間以外で年賀はがきを出す場合は、差額の10円がかかる。

そして、封書のうち定形郵便物は現状の82と92円を維持するが、定形外郵便物は新たに規格を定め、規格内のものは20〜30円値下げし、規格外のものは80〜150円値上げになる。

ゆうメールも同様で、規格内のものは現状維持で、規格外のものは超える場合に85〜100円の値上げになる。
posted by BiB at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵便・配送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐川急便、7都府県で配達の遅れ

ニフティのネットニュースで見たのだが、2016年12月22日の毎日新聞によると、「佐川急便:7都府県で遅配 荷物集中や人員不足原因か」らしい。

なんでも、宅配大手の佐川急便で年末の荷物量増加に伴い、東京や埼玉、愛知、大阪など7都府県で配達に遅れが出ているらしい。佐川急便の広報部によると、「遅れは1〜2日程度としているが、22日正午現在で7都府県22市区に広がり、解消のめどは立っていない。想定以上の荷物集中や人員不足が原因とみられ、過去にこうした遅れはなかった」とか。

わが家も佐川急便から荷物が届くという連絡があり、「今日、届くんだろうな」と佐川の追跡サービスで確認したら、ずっと「保管中」。「交通事情により遅れることがある」といった一文はあるものの、いつもは届くのはその日のうち。ところが今回は、翌日の夕方だった。佐川の配送で予定より遅れたのは、数年ぶりのこと。このニュースと関係があるのだろうか?
posted by BiB at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵便・配送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

郵便局のスマートレター(SmartLetter)は180円で格安発送

先月から東京都で開始され、昨日からは千葉県、埼玉県、神奈川県および静岡県でもサービスがスタートし、今後サービスが順次拡大されるのが郵便局の「SmartLetter(スマートレター)」

今年の3月で終了したヤマト運輸のクロネコメール便(82円、164円)に代わるサービスとして、オークション利用者から期待されている発送サービスです。大きさは25×17センチ=A5ファイルサイズで、厚さは2センチ、重さは1kgまでを、全国一律の180円で送ることが可能。しかもこちらは、信書までもOK。文庫本や小さなものを送る際に、かなり割安で発送できます。

購入場所は、郵便局およびオンライン通販サイトの「切手SHOP」、コンビニエンスストアなどの切手類販売所。発送方法は、レターパック同様、あて名を書いて荷物を封入するだけ。ポストおよび郵便局の窓口から発送可能です。

追跡サービスはなく、郵便事故があった場合も補償はされません。追跡サービスが必要な場合は、ワンランク上の34×24.8センチ=A4ファイルサイズで、厚さは3センチ、重さは4kgまで発送可能な、全国一律360円のレターパックライトのご利用を。
posted by BiB at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵便・配送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

クレジットカードでハガキ、切手が買える

capture-20150315.jpg

郵便局で切手やハガキを買うと、支払い方法は現金のみ。大量に購入しても、割引やポイント還元など、何もいいことはない。

ところが、郵便局を運営する日本郵便株式会社が同じく運営するオンライン通販サイト「切手SHOP」を利用すると、3万円までの購入ならクレジットカードの利用が可能。切手SHOPで購入すれば、クレジットカードポイントが貯まる!

しかも、1回の購入金額が、商品代金5,000円以上だと配送料は無料。切手はシート単位、ハガキは10枚単位でしか買えないが、5,000円以上購入する方にはありがたいサイトです。

注意しなければならないのは、切手とレターパックを購入する場合。切手とレターパックはカートが別であるため、それぞれでの決済に。そのため、切手とレターパックの商品代金を合算して5,000円を超えていても送料は無料になりません。

また、1回の購入合計金額は20万8千円までですが、「記念貨幣入り切手帳」は2万4千円まで、「レターパック」は7万2千円までだとか。
posted by BiB at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 郵便・配送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする