2015年03月18日

amazlet アマゾンのリンクを手軽に作成

capture-20150318-003910.jpg

amazlet」は、アマゾンのアフィリエイトを手軽に作成してくれるツール。

最初に自分のAmazonアソイエイトIDをamazletに登録して、自分が利用しているブラウザにブックマーク設定をすれば、あとは検索してクリックするだけで素敵なリンクが簡単に作成可能!

アマゾンでアフィリエイトをしている人には、非常に重宝するサービスであること間違いなし。
posted by BiB at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

壊れたデータがコピーできる

capture-20150315-010357.jpg

SDカードやUSBメモリなどのメディアが壊れ、データにアクセスすらできない。アクセスできなければ、データ復旧ソフトも使えない。

そんな、データへのアクセスが不可のときにオススメするのが、シリコンリナックス株式会社の「DD for Windows」。これはWindows 上で、 CF、SDカード、USBメモリなどのディスクイメージのバックアップやリカバリーをするツール。

ファイルのシステムなどに関係なく、直接データにアクセスしてデータをコピーしイメージファイルとして抽出するため、フォーマットなどに関係なく、完全なコピーが可能。

「DD for Windows」の使い方は、まず、「ディスク選択」をクリックしてバックアップしたいメディアを指定。次に、「ファイル選択」をクリックしてデータの保存先を指定。そして「読込」をクリックすれば、データがコピーされ、イメージファイルとして抽出。抽出されたイメージファイルデータは、「書込」をクリックすると元のファイルに戻ります。
posted by BiB at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SSDの寿命が分かる測定ソフト SsdReady

HDD(ハードディスクドライブ)より震動・衝撃に強く、省電力で起動もスピーディーなSSD(ソリッドステートドライブ)。

最近はHDDではなく、軽量で高速なSSDを使ったPCが増えてきましたが、SSDには欠点が。それが、容量の小ささと書き込み回数。SSDは書き込み回数に上限があり、その書き込み回数がHDDよりも短いため、SSDの寿命が気になるところ。

そこでオススメするのが、「SsdReady」というSSDの寿命を測定するツール。SSDの利用状況をモニタリングして、その情報をもとにSSDの残り寿命を推定。ちなみにSSDの余命は、「Approx ssd life(SSDの寿命の概算)」という欄に表示。モニタリング時間が長いほど、精確な値が得られるようです。

ちなみに、この「SsdReady」、SSDの寿命を測定する機能のみ無料で使え、そのほかの機能を利用するには、有償の上位ライセンスが必要に。
posted by BiB at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DataRecoveryは超強力復元ソフト

20150315-000439.jpg

ゴミ箱からも削除してしまったファイルを復元できる、超強力なファイル復元ソフト。それが、トキワ個別教育研究所の「DataRecovery」。しかも、これ、無料。つまり、フリーソフト。

しかも、このDataRecoveryは消去したファイルを復元するだけでなく、その逆。つまり、ファイルを完全に削除することも可能。完全に削除したいファイルがある人や、パソコンを廃棄するときにデータを完全に消去したい人にオススメです。

デジカメ=デジタルカメラのデータ復旧なら、↓PC KIDS(ピーシーキッド)のデジカメデータ復活サービスを!


posted by BiB at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

Office、Adobeなど正規版パソコンソフトが激安!

Windows7、8といったパソコンのOS、ビジネスで利用するWord(ワード)やExcel(エクセル)といったMicrosoft(マイクロソフト)のOfficeシリーズ、Photoshop(フォトショップ)にIllustrater(イラストレーター)といった映像・画像関係で有名なAdobeシリーズなど、市販のパソコンソフトは高いのが当たり前。

そんなパソコンのソフトウエアを激安価格で販売しているショップが、

150222-1.jpg
ジャパンオンラインソフト」と、

150222-2.jpg
ディーエルソフト」。

激安の理由は、ボリュームライセンス規約に基づいて、関連会社により譲渡、または合併・整理統合・分社化により譲渡を受けたもので、シリアルナンバーなどが記入されている使用許諾契約書のみだから。商品であるソフトウェアは、Webサイトからダウンロードする形になります。

ボリュームライセンスとは、主に企業や団体といった複数台のパソコンを保有する組織を対象にしたもので、あるソフトウェア製品について、複数台数のパーソナルコンピュータでの使用権(ソフトウェアライセンス)を付与する販売形態のこと。

ちなみに2015年2月下旬現在、「Microsoft Office Professional 2013 ダウンロードWindows版」がアマゾンでは39,040円のところ、「ジャパンオンラインソフト」と「ディーエルソフト」はともに16,800円。

ネットで検索すると、限りなく胡散臭い書かれ方をされている2店舗ですが、自分が知る限り、ディーエルソフトは1年近くサイト運営を続けています。マイクロソフトやアドビから訴えられたという記事も検索されませんので、違法性はないのかも? ですが、ご利用の際は自己責任でご購入ください。


posted by BiB at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする