2019年09月11日

Windows10を高速化する方法

わが家のPCは3台あり、うち1台はXPで論外だが、2台はWindows10。と言っても、どちらもWindows10にアップデートしたもの。一つは元々は7で、もう一つは8だった。

中でも7からアップデートしたWindows10の動作が重い。というか重過ぎる。そこで、いろいろやってみたところ、ちょっと効果があったので備忘録。

◆バックグラウンドアプリのオフ
左下のスタートメニューから設定を選択。そして、プライバシーを選択し、さらに左側からバックグラウンドアプリをクリックする。すると、各バックグラウンドアプリのオンオフ設定画面になるので、必要ないものをオフにする。
※バックグラウンドアプリをオフにすると、アプリによっては通知が受け取れなくなったり同期しなくなることがある。

◆自動
「crtl」「Alt」「Del」3つのキーを同時に押し、タスクマネージャーを起動させる。タスクマネージャーの「スタートアップ」をクリックし、PC起動時に自動的に立ち上がるアプリの起動を無効化する。

これら2つを試してみただけで、ずいぶん軽くなった。


防犯・監視カメラの映像が見れるサイト Insecam(インセカム)

数年前に世界中の監視カメラのライブ映像をまとめたサイトとして話題になった「Insecam(インセカム)」。

話題になってからずいぶん経つが、2019年9月11日現在、Insecamでは日本にある2,054台のライブIPカメラ映像が見れる。

店舗や事業所、病院、駐車場などの防犯&監視カメラや個人宅のWebカメラなど、市販のIPカメラをインターネットに接続し、IDとパスワードを初期設定のままで使うと、このInsecamを通して見れてしまうらしい。見られたくない人は、IDとパスワードの再設定を!


posted by BiB at 20:07| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

自販機? で外貨両替 Pocket Change(ポケットチェンジ)

海外の紙幣や硬貨といったお金、つまり外貨を、交通系電子マネー、楽天Edy、iTunesギフトカード、Amazonギフト券、WAON、nanacoといった各種電子マネーやギフト券に交換できるマシン「Pocket Change(ポケットチェンジ)」。

公式サイトによると2018年6月現在、設置台数は日本全国で約30台と少なめ。

ドルやユーロといったメジャーな外貨のレートはあまり良くないけど、ひとつの両替法として備忘録。


2019年04月26日

外貨 ドル円 換金率=レートのいい両替所 渋谷 備忘録

急きょ、アメリカドルが必要になったため、どこで両替すればお得なのか、銀行、金券ショップ、両替商のレートを調べて両替してみた。本日、2019年4月25日のドル円為替レートは、1ドル111.94円。

まず最初にネットで調べてみたら、新宿の金券ショップが一番安いとあった。しかし、わが家から新宿までの電車賃は800円ほどかかる。電車賃のことを考えると、換金する金額によっては近所の銀行でもいいのだろうか?

レートがそんなに変わらなければ近所の銀行で両替してもいいと思って尋ねてみたら、

横浜銀行 115.30
三井住友銀行 115.28
ゆうちょ銀行 115.08

だった。ゆうちょ銀行が30銭ほど安いようだが、ドル円の為替レートより3.14円も高い。また、そのほかにも銀行はあるのだが、わが家の最寄りの支店では両替はしてないらしい。そして、肝心の比較対象である両替商と金券ショップは、残念ながらわが家の近所にはない。

そこで、渋谷まで足を伸ばしてみた。
ここ数年、外国人旅行者が増えたことで外貨の両替ができるところが増えてるのは知ってたが、想像以上だった。ハチ公前にある電車車両の中には、円に替えるだけの両替機まで設置されてたほど。外貨両替など、ここしばらく縁がなかったのでまったく目に入らなかった・・・。

ネットで安いレートの代表格として、よく目にするのが大黒屋。そこで、渋谷センター街の2階にある大黒屋が外貨両替を行ってるとのことで訪れてみた。店内は外国人旅行客ばかりで、店員さんも日本人ではないような感じだった。店内に入ると為替レートの一覧があり、アメリカドルのレートは114.12。その差、0.96。銀行と1円も離れていない。これだったら近所のゆうちょ銀行で全然OK。だが、そんなことがあるのか? ネットの情報を信じれば、もっと安いレートで両替するところがあるはず。やはり新宿じゃないとダメなのだろうか?

そこで、ほかの金券ショップも回ってみた。

アクセスチケット 113.58
サンチケット 113.40
ヨコハマチケットサービス 113.13

この3件以外にも両替をしてる金券ショップがあるにはあったが、外貨の買い、つまり外国人観光客の外貨を円に両替するだけで、外貨の売りはやってなかった。また、両替商は3店舗見つけたが、どれも「SAKURA」。レートは113.47だった。

もしかしたら、ほかにも金券ショップや両替商があるのだろうが、自分が歩いた範囲にあったのは、これぐらい。

両替したのは1,000ドル。地元のゆうちょ銀行だと115,080円かかるところ、一番安いヨコチケで両替したので113,130円で済んだ。渋谷までの交通費を差し引いても、1,500円ほど得した。

ちなみに300ドルを両替した場合、自宅近くのゆうちょ銀行だと34,524円。ヨコチケだと33,939円になるはず。その差、585円。これぐらいだったら、交通費と移動時間を考えると自宅近くのゆうちょ銀行での両替だな。


2019年02月13日

格安引越 100円引越しセンター

インターネット回線、モバイルwifiルーター、携帯電話の乗り換えや新規の申し込みなどが必須で、さらに移動距離、使用トラックなどの条件に合致すると最低100円から引越ができてしまう画期的な引越サービス会社が「100円引越しセンター」。

単身者でも5万円、家族だと10万円はかかってしまう引越費用が、「100円引越しセンター」なら条件に合いさえすれば100円で済んでしまう。たとえ条件に合わなくても、移動距離○キロごとにいくらだとか、荷物の量が多い場合は別途見積もりで+アルファと、一般的な引越会社よりは格安で済んでしまうのは間違いなし。

その理由は、インターネット回線、モバイルwifiルーター、携帯電話の乗り換えや新規の申し込みをすることで各キャリアやメーカーから紹介手数料が100円引越しセンターに支払われ、その金額の一部が引越費用に充当されるため。これにより、引越費用が最低100円からになるのだとか。

引越は頻繁にするものではないけど、「100円引越しセンター」、覚えておいて損はない会社ですね。
posted by BiB at 09:22| Comment(0) | 節約・裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする